第58回 ビジネスプランコンテスト



今回は、平成27年2月14日

岐阜県関市のJAめぐみのにて行われた

ビジネスプランコンテストについてのレポートです。


岐阜県下の高校生が応募してくれたプランは

800案近くにもなりました。

その中で、トップ10に選ばれたプランが

決勝大会で発表されました。


審査員長は、フリーアナウンサーの長谷川豊さん。

白鳥は特別審査員という形で、審査に関わらせていただきました。


私は今まで、農業高校のプロジェクト発表を見てきたので

農業高校がどんな発表をするかは想像が付きます。

しかし、商業高校や普通科の高校が

どんな発表をするのかはわからないので

非常に楽しみにしていました。


では、発表されたプランを順にレポートさせていただきます。




その1『岐阜がつまった4種のコロッケ棒』

発表者:河端美月さん(県立岐阜商業1年D組)


d0237121_18392179.jpg

トップバッターは県岐商の1年生。野球が強い学校ですね。

プランの内容は

『岐阜の地元野菜を使ったコロッケを作って岐阜をPRしよう』

というものです。

4種類のコロッケを串に刺すという大胆な発想と

そのコロッケが『枝豆』『キムチ』『トマト』『柿』という

かつてない素材を生かそうとした部分に好感が持てました。

トマトは高山、枝豆は西濃、キムチと柿は中濃を表現しており

『オール岐阜』を目指している志の高さは

他の発表には欠けていた視点だったため

発表後に、私が勝手に『のうりんチョコクランチ』をプレゼントしました。

(コンテストはバレンタインデーに行われました。)





その2『まくわうりを使った地域活性化プラン』

発表者:岐阜農林高校動物科学科加工班


d0237121_18394344.jpg

2番手にして岐阜県最大の農業高校が登場。

発表前には「スライド準備OKですか!?」と

農クの発表そのままの確認を見せてくれるなど

発表の準備は商業高校、普通科を圧倒していました。


メロンの仲間の『真桑瓜(まくわうり)』を

漬け物にしたり、香料にしたりして

様々な用途に活用しようという内容でした。

さすがにソツなくまとまっていました。

プレゼン方法、内容、共にハイレベルだったと思います。





その3『美濃和紙を使用したハンカチ』

発表者:林里帆さん(県立岐阜商業1年J組)


d0237121_18395814.jpg

河端さんに続き、県岐商の1年生が登場。

学校のレベルの高さが窺われます。野球だけじゃない!


内容は、世界無形文化遺産に登録された

美濃和紙を使った新たな商品を産み出そうというものでした。

美濃市へ行って実際に紙漉の様子を取材したり

女子高生の感性を生かした『かわいいハンカチ』を追求したりと

コンテストの趣旨に合致した、よいプランだったと思います。





その4『若返り酵母入り入浴剤&ハンドクリーム』

発表者:大垣養老高校食品化学班


d0237121_18402481.jpg

西濃に覇を唱える農業高校、大垣養老高校が満を持しての登場です。

導入部分では『養老の滝伝説』について

昔話風のコスプレをした女子生徒が説明して掴みはOK。


養老の滝伝説とは、かいつまんで言えば

『滝の水がお酒になって、それを飲んだらお爺さんが元気になった』

というものなのですが

その伝説からヒントを得て

養老の滝から酵母を採取し

その酵母で酒・入浴剤・ハンドクリームを製造し

『若返り』をキーワードにして販売しようという

農業高校の技術と地域の伝承を見事に生かしたプランでした!



実際に滝から採取した酵母から酒を造り出すという

「もしかして……養老の滝伝説は実話だったのでは!?」

と思わせるロマン溢れる発表は

とても夢があり、ビジネスとしても成立しうると思いました。

よってこの発表を『特別審査員賞』に選ばせていただきました!

いずれ詳しく取材したいところです。





その5『円空のもちもちシフォンケーキ』

発表者:佐藤百合さん・山田愛祐実さん(関有知高校)


d0237121_18405785.jpg

『円空いも』という、関市特産のサトイモから

もちもちした食感のシフォンケーキを作ろうというプランです。


実際に完成したシフォンケーキを会場で振る舞うなど

とてもインパクトのある発表になっていました。

そしてなにより、シフォンケーキの食感が新しい!

「もちもち」というより、もはや「とろ~」っという感じで

確かに原料のサトイモの味と食感が残っていました。


この発表は、審査員長の長谷川豊さんが高得点をつけられ

『審査員長賞』に輝きました。





その6『宿儺(すくな)かぼちゃドーナツ』

発表者:小森真希さん(県立岐阜商業2年D組)


d0237121_1841232.jpg

三度、県岐商の登場です。野球部と同じく層が厚いですね。

発表の内容は、飛騨地方で栽培されている

ヘチマみたいな形をしたカボチャを使って

ドーナツを作ろうというものです。


ドーナツの製法や、細かな原価計算等

非常によくまとまった発表だったと思います。

ぜひ食べてみたいですね。





その7『おさかなカバン(あゆ)』

発表者:岩田悠子さん(県立岐阜総合高校マルチメディア部)


d0237121_18413974.jpg

この発表はタイトルそのまま

「鮎の形をしたリュックを作って売ろう!」というプランです。


「キモかわいい」をキーワードに

魚の形をしたバッグをデザイン。同級生にアンケートを取るなど

イロモノかと思いきや、しっかりとした発表でした。


女子高生らしい感性と

岩田さんのキャラクター(?)が好評を博し

会場の投票で1位を獲得! 見事グランプリに輝きました。

d0237121_1846965.jpg

なお、この発表も、岐阜県を象徴する魚である鮎を使い

岐阜そのものをアピールしようという志の高さを評価し

『のうりんチョコクランチ』を勝手にプレゼントさせていただきました。





その8『アイスから始まる地域貢献』

発表者:岐阜農林高校動物科学科加工班


d0237121_18424591.jpg

この発表は、これまでの発表とは違い

農業系のコンテストで数々の賞を受賞している発表で

既に商品として実際に県内各地で販売されています。


実は『のうりん』ともコラボをした経験があり

そういう意味では「殿堂入り」というか

格が一つ違ったと思います。


なお、発表の内容である『岐農乳アイス』については

こちらの記事をご覧ください。

※参考:FC岐阜コラボと大収穫祭





その9『三角トイレットペーパー』

発表者:松田志穂さん(関市立関商工高校)


d0237121_1844260.jpg

トイレットペーパーには

適当な長さで切断できるように

ミシン目が入っていますが

そのミシン目の形を三角形にすれば

手で破った後も綺麗に見える! という発想のプランです。


しかしそれだけではなく

ミシン目を入れる間隔を詰めることで

トイレットペーパーの使用量を減らし

地球環境にも配慮することができる……

そんな壮大な発表へと繋がっていきました。


この発表の『世界を救うぞ!』という志の高さは

もはや岐阜がどうこうというレベルではなく

感動して『のうりんチョコクランチ』を渡してきました。





その10『ポップコーンで地域を爆発!?』

発表者:加茂農林高校『GAl’s Popcorn』


最後に登場したのは……加茂農林!

もう自分の母校が登場したかのようにハラハラします。


そのハラハラ感は現実のものとなり

いきなりやらかしてくれました。


まず、『ガールズポップコーン』

というユニットを作っているのにもかかわらず

発表者として登場したのが男子という点に驚愕。


d0237121_1845551.jpg


続いて登場した女の子は双子という謎のサプライズも交えつつ

『東京ポップコーン戦争』という

架空の戦史を語り始めます。なんだこれ!?


d0237121_18444861.jpg

こんなわけのわからない発表をするのは・・・

そう、林科です。F組のFはポップコーンのF!



衝撃の導入部分から一転、内容は非常に真面目でした。

耕作放棄地を使ってトウモロコシを生産し

それをポップコーンに加工して売ろうというもの。


加工用のトウモロコシは海外からの輸入品が多く

国産のものにはそれだけで価値があります。

また、耕作放棄地減少に役立つという

ストーリー性も加味されています。

既に東京にある、とある企業と

商談も終えており(どこかはまだ秘密!)

今年中には試験的にポップコーンが販売されるとのこと。


ポップコーンという商品に派手さはありませんし

地域の特産品を使っているわけでもありませんが

栽培が比較的容易なトウモロコシを選んだのは

非常に現実的で、農家には参入しやすいと思います。

既に取引先を見つけてきている点も素晴らしいです。

参入する農家にとって最もリスクが少ないプランで

私の採点では、この発表は2位でした。


発表内容とプレゼン方法の独特さから

大垣養老高校と、どちらに特別審査員賞を授与するか

かなり悩みましたが……

途中でいきなり始まったショートコントで笑いが取れていたら

逆転していたかもしれません。

d0237121_18454743.jpg

ポップコーン、加茂農林の新たなる名物になって欲しいと思います。

最近の林科は色々とアグレッシブに頑張っててすごい!




以上、10のプランを簡単にご紹介させていただきました。

発表終了後には、審査員長の長谷川さんによる

プレゼンテーションについての講演会もあり

とても勉強になったのではないかと思います。


私も壇上で少しお話しさせていただく機会がありましたが

内容もまとまらず、噛み噛みで恥ずかしかったです……。

ああいう場所でしっかりと自分の意見を言えるだけでも

本当にすごいことだと思いますので

受賞を逃した発表者の皆さんも

どうか自信を持って、さらにプランを磨いていってください!



次回更新は3月10日を予定しています。

『のうりん10』も、3月発売予定! よろしくおねがいします。

[PR]
by thurinus | 2015-02-20 20:00 | SS | Trackback
トラックバックURL : http://thurinus.exblog.jp/tb/21573025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


若旦那の中に(袋の中が作者)

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
more...

なかのひと

白鳥士郎


ご意見・ご感想・農業や将棋ネタ等ございましたらお気軽に

nankagun@gmail.com

ライフログ


のうりん 13 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと!(3) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん Blu-ray BOX


りゅうおうのおしごと!(1) (ヤングガンガンコミックス)


りゅうおうのおしごと! (GA文庫)


のうりん(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん プチ(2) (ビッグガンガンコミックス)


のうりん-野生-2


TVアニメ のうりん 公式ファンブック


【Amazon.co.jp限定】切符イラストレーションズ B4ポスター付き


のうりん 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

検索

ブログパーツ

最新の記事

第80回 このライトノベルが..
at 2016-12-02 19:30
第79回 のうりん13特典情報
at 2016-10-10 20:00
第78回 りゅうおうのおしご..
at 2016-09-10 20:00
第77回 アニ×サカ!!水戸の陣
at 2016-07-20 19:00
第76回 のうりんおじさん、..
at 2016-06-10 20:00

記事ランキング