第63回 ベッキー食堂

d0237121_932645.jpg



 今回は7月8日に行われた、『アニ×サカ!!』第4戦 FC岐阜(のうりん)VS東京ヴェルディ(甘城ブリリアントパーク)の様子をお伝えします。


 おなじみ岐阜メモリアルセンター長良川競技場でおこなわれたこのコラボマッチ、当日は『ベッキー食堂』なるお店を出店しました!



d0237121_934322.jpg

 ベッキー食堂建設予定地



d0237121_935736.jpg

 実際にブースをご担当いただくのは『オクトパスファイヤーズ』様。
 名古屋を中心にいくつものお店を出しておられる人気店です! 私も学生時代によく利用させていただいていました。


 何かお手伝いすることはないかとスタッフの方に尋ねると「じゃあ店長を持って来てください」と言われました。
 ベッキー店長を探しに行きます。




d0237121_941799.jpg

 いた!

 どうやらJリーガーを物色していたようです。油断も隙もないですね!



 
d0237121_942591.jpg

 店の前まで連行しました。



d0237121_94407.jpg

 その隣では美濃加茂市さんのブースが手際よく設営されています。もはやベテランです。



d0237121_945043.jpg

 アラフォーの化粧のようにケバケバしく装われたお店。



d0237121_95468.jpg

 一方こちらは山県市のマスコット『山県さくら』ちゃんのブース。若々しい山ガールであるさくらちゃんは、ベッキーとは違い、フレッシュな爽やかさを感じます。



d0237121_951373.jpg

 山県市のご当地グルメ『ハヤシライス』。
 ハヤシライスを作った早矢仕さんは、山県市の人なのだそうです。当時のレシピを研究して作られています。



d0237121_95228.jpg

 ベッキー食堂完成!




d0237121_952958.jpg

 美濃加茂市のブースも浸食!




d0237121_953724.jpg

 こちらは東京ヴェルディさんのブース。甘ブリコラボグッズを販売しています。




d0237121_954554.jpg

 ホームタウンである稲城市マスコットの『なしのすけ』君のグッズも充実!
 ちなみになしのすけ君のデザインは、何とあの大河原邦夫先生。稲城市在住だそうです。どうりでロボっぽいと思った。



d0237121_961148.jpg

 恩田社長が激励に訪れてくださいました!



d0237121_961746.jpg

 ベッキーに挟まれてニッコリ。




d0237121_962542.jpg

 ベッキー食堂に最初のお客様が! まずは『たまごかけご飯』です。
 かけているのはもちろん『山川醸造』様の、たまごかけごはんのたれです!




d0237121_963718.jpg

 ベッキーが作った『ぶっかけご飯』も。どちらも岐阜の枝豆がセットでついています。仕事帰りのサラリーマンに最適なメニューですね!




d0237121_964774.jpg

 ではFC岐阜サポーターの方に食べていただきましょう!



d0237121_965867.jpg

 いい食べっぷり!「美味い」とのコメントをいただきました!!




d0237121_97772.jpg

 なしのすけ君とモッフル卿の登場!



d0237121_972325.jpg

 すぐに囲まれて撮影会が始まります。ちなみに前日ボランティアに参加されたサポーターさんのお話では、『モッフル』と書かれた段ボールを目撃されたとのことですが・・・。



d0237121_973242.jpg

 ヴェルディ君も駆けつけてくれました! 味スタ以来の再開ですが、私のことを憶えていてくれたようで感激です。




d0237121_974498.jpg

 甘ブリPOPの前で撮影会。なしのすけ君は構造上、横にスペースを要求してきます。




d0237121_975480.jpg

 そして岐阜サポ名物痛フラッグも!



d0237121_98365.jpg

 のうりん半被も登場! この日のためにアイロンをかけてきたそうです。



d0237121_981364.jpg

 ヴェルディ君にグッズを買うよう要求される岐阜サポさん。さすが商売上手です。




d0237121_984644.jpg

 ベッキー食堂は予想以上に盛況でした。ご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました!

 さあ、そろそろ試合が始まります。



d0237121_991189.jpg



d0237121_992165.jpg

 スタジアムDJは今回もこの二人!




d0237121_9931100.jpg

 DJの紹介中ですが・・・あれ?



d0237121_994269.jpg

 ベッキー店長! どうやら店を放り出してJリーガーを物色FC岐阜を応援に来てしまったようです。




d0237121_995694.jpg

 ヴェルディサポーターの皆さん。一丸となった応援は迫力がありますね!



d0237121_9101172.jpg

 あっ! Ggreenさん・・・いや、これは『じ~ぐり~ん』さん!?



d0237121_9102516.jpg

 ゴール前のヒーローは川口能活。ゴール裏のヒーローは『じ~ぐり~ん』さん!



d0237121_9104087.jpg

 サポーターの応援も熱を帯びてきます。



d0237121_9105036.jpg

 痛フラッグと共に、ベッキー店長も飛び跳ねて応援! 明後日は筋肉痛だ!




d0237121_911338.jpg

 オープニングセレモニーでは、アニメ評論家ヴェルディキャプテンの井林章選手が、山県市の特産品である『にんにく元気玉』を手にしてくれています。
 なお、今回の試合でも、井林選手がゴールを決めればコトブキヤ様からフィギュアが贈呈されます。



d0237121_91218.jpg

 セレモニーも終わり、遂にキックオフです!




d0237121_9121648.jpg

 始まった! 前回の悪夢を払拭できるか!?



d0237121_9123920.jpg

 今回、FC岐阜は難波を温存。レオミネイロは肉離れで戦線離脱と、得点力が低下しています。
 厳しい戦いが予想されますが、地元・中京高校出身の遠藤選手の爆発を期待したいところ。




d0237121_9125497.jpg

 早々に敵のゴール前でフリーキックのチャンスを得ます。




d0237121_913644.jpg

 ですがそれを外し、逆に今度は敵にチャンスを与えてしまいます。




d0237121_9131687.jpg

 シーソーゲームが展開される中、ベッキー店長の身体に羽虫がたかり始めました。




d0237121_913311.jpg

 FC岐阜が四連続でコーナーキック!



d0237121_9134431.jpg

 ですが得点できません・・・!



d0237121_9135385.jpg

 羽虫だけが増えていきます。




d0237121_914454.jpg

 猛攻を凌がれ、ヴェルディにフリーキックのチャンスを奪われてしまいます。




d0237121_9141874.jpg

 サポーターも必死に応援します。



d0237121_9142867.jpg

 しかし・・・



d0237121_9143788.jpg

 ゴール! 杉本竜士選手に押し込まれてしまいました・・・!



d0237121_914596.jpg

 そして羽虫がいよいよヤバい数になっています。



d0237121_9151445.jpg

 前半、点を取られてからFC岐阜は猛攻を見せますが、取り返せず1点差で折り返します。



d0237121_9152654.jpg

 ハーフタイムには山県市からお越しの山ガールの皆さんが、元気をわけてくださいました。



d0237121_9153697.jpg

 さあ後半! 光り物も登場して応援に熱が入ります!!



d0237121_9154821.jpg

 FC岐阜、とにかく点を入れなければ勝てないと、猛攻をかけます。



d0237121_9155782.jpg

 惜しい! 



d0237121_9161014.jpg

 敵のゴール前で試合を展開し、何度もチャンスを作ります。



d0237121_9161881.jpg

 山ガールの皆さんも一緒に応援してくださいました。




d0237121_9162868.jpg

 ここでJ2得点王争いに加わるほどのストライカー、難波を投入!




d0237121_9165859.jpg

 なーんーばーゲットゴォォォル!! 応援も必死です。




d0237121_91798.jpg

 FC岐阜、さらなる猛攻!




d0237121_9172158.jpg

 何度も何度もチャンスを作るものの・・・



d0237121_9173227.jpg

 あと一歩で得点ならず!



d0237121_9175131.jpg

 ここで美濃加茂夢大使である益山を投入! Jリーグ通算100試合目の記念すべきゲームで、ぜひ大活躍してほしいところ。



d0237121_918586.jpg

 ところで店長の頭頂部には信じられない数の羽虫が・・・



d0237121_9191293.jpg

 益山が入り、FC岐阜はさらにチャンスを作ります。
 が、どうしても一点が遠い!



d0237121_9192440.jpg

 ここで三枚目の交代カードを切ります。ベテランの宮沢!



d0237121_9193477.jpg

 なお、入場者数は3539人。平日のナイトゲーム、しかも雨模様でこの人数は大健闘だと思います。



d0237121_9194381.jpg

 FC岐阜、応援してくれるお客さんのためにも勝たねばと前掛かりに攻めていきますが・・・



d0237121_9195188.jpg

 ここでカウンター! 追加点を取られてしまいます・・・!



d0237121_920054.jpg

 またしても杉本・・・りゅーーーーじぃぃーーーーー!!



d0237121_9201257.jpg

 とにかく前を向いて戦うしかないFC岐阜。ここでゴール正面からフリーキックの大チャンスを得ます。



d0237121_920204.jpg

 サポーターも死力を尽くしてタオルを振ります!



d0237121_9203256.jpg

 ですがこのフリーキックも外してしまい・・・




d0237121_9204154.jpg

 最後までアキラメナイ姿勢を見せたFC岐阜でしたが、ここで試合終了。


 

d0237121_9204835.jpg

 前回に続き、ヴェルディに敗北してしまいました。
 なお、ヴェルディはこれまで『アニ×サカ!!』で全勝。この時点で優勝決定! おめでとうございます・・・!!





 なお今回、サッカーライターである後藤勝(ごとう・まさる)さんに『アニ×サカ!!』についてインタビューさせていただくことができました! 取材に来たライターさんを逆取材!!


d0237121_9212622.jpg

 後藤さん(写真左)はサッカーライターとして活躍しつつ『エンダーズ・デッドリードライヴ』という近未来サッカーノベルも執筆なさっておられます。元は編集者で、ゲーム系の雑誌にも関わっておられました。まさにサッカーとサブカルの双方に理解の深い方です!



 ――後藤さんはこれまで『アニ×サカ!!』の全試合を取材してくださっているわけですが、ご覧になって、率直にどう思われますか?



「これまでにもアニメとサッカーのコラボはありましたよね? たとえばFC岐阜も、単体で『のうりん』とコラボしていたように。ですが今回は試合そのものをブランディングしていて、それが面白いと感じました」



 ――ダービーマッチのような感じでしょうか?



「そうですね。単にアニメとコラボしただけではなく、サッカークラブがアニメを背負って競い合う状況を『アニ×サカ!!』というブランドにした。これは新しいし、すごい企画力だと思いました。本気でやってるな、と」



 ――ありがとうございます! そういった分析を、今までほとんどのサッカーメディアがしてくれなかったわけですよ(泣)。取り上げられるとしても「試合内容で客が呼べない弱者の知恵」みたいな感じだったり・・・。



「単純に、両方の世界について知識を有しているライターがほとんどいないからだと思います。でも今回、ガルパンならバンダイビジュアルという、誰でも知っている有名な会社が、かなりの力を入れてくれている。だから注目はしていると思いますよ」



 ――スポンサーとかパートナーとか、そういった視点でアニメ業界を捉えている?



「そうですね。サッカーと全く関係のない産業とコラボして、キックオフセレモニーやハーフタイムで宣伝したり、サンクスマッチとかを行うのは、普通のことなので。そういったもののひとつとして認識されていると思います」



 ――サッカーファンとアニメファンには共通点があると感じますか?



「コアになればなるほど共通点があると思います。理解度は高いけど、うるさい(笑)」



 ――なるほど(笑)
 たとえば「サッカーライター」という肩書きがあるだけで、アニメファンからは「どうせこいつ何にもわかってねーんだろ?」みたいに見られてしまう?



これは太字で書いておいて欲しいんですけど! たとえば私がサッカーの記事を書くと、『いかにもゲーム上がりのライターだな』みたいな批判が寄せられるわけですよ(笑)」



 ――両方の世界で働いた経験があるからこそ、どちらの世界からも叩かれてしまうわけですね。後藤さんの苦悩が伝わってきます(笑)
 とはいえ、サッカーのゲームっていっぱいありますよね?



「そうですね。最近では、サッカー選手もそういったゲームで当たり前のように遊んでいるので、インタビューする際もサッカーゲームの話題が普通にできます」



 ――先日発売された『ナンバーPLUS』もサッカー(スポーツ)漫画特集でしたね。



「大人の世代でも、漫画やアニメ、ゲームを楽しむのが当たり前の世代になってきました。そういう状況を見ても、アニメとのコラボはタイミングがよかったように感じます」



 ――『アニ×サカ!!』を行うことで、アニメファンの方々からは「放送終了後もイベントを楽しめて嬉しい!」とか「これを機会にサッカーも見るようになりました!」とか言っていただいて、喜んでいただいている感触はあるんです。
 けれどサッカーファンの方々にとってはどうなんだろう? という不安はあります。



「(ベッキー食堂を訪れる岐阜サポの方々を眺めながら)サッカーとコラボすることで、アニメ的なものに触れる機会がなかった層も、アニメに触れることができますよね? たとえば、大人になってアニメから離れてしまった人たちも、またここでアニメに触れることで、その楽しさを再発見できる。そういうことじゃないでしょうか」



 ――再発見。



「それはアニメだけではなくて、たとえば、地方の名産品でもそうだと思うんです。地元に住んでいると、その地方のものって当たり前すぎて、良さがわかんなかったりするじゃないですか」



 ――確かに。岐阜に住んでても鵜飼いを見たことがなかったり、飛騨牛を食べたことがなかったりということは、普通にあります。



「サッカースタジアムへ来ることで、自分たちの地元を再発見できる。それがJリーグのいいところであり、今後もっと伸ばしていくべきところだと思うんです」



 ――ありがとうございました。サッカーとアニメのコラボには、まだまだ可能性を感じますね!




 後藤さんはご自身のサイト『トーキョーワッショイ! プレミアム』で、アニ×サカ!!の記事を公開してくださっています。


 トーキョーワッショイ! プレミアム 『レポート◆「アニ×サカ!!」第4戦を前に第2戦と第3戦を振り返る』



 さらに今後も『アニ×サカ!!』についてのコラム等を発表してくださるかも・・・?
 ぜひ注目してください!



d0237121_9333813.jpg

 後藤さんのご著書『エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029』(カンゼン刊)


 近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です。

 設定も非常に細かく作り込まれており、冒頭には年表・東京23区サッカークラブ勢力図・2030年の日本サッカーピラミッドといった設定表が読者に提示される気合いの入れよう。この時点でワクワクしてきますね!

 SF的な設定が前面に押し出されていると思いきや、内容はもちろんサッカー!!
 ビッグクラブに圧倒される弱小クラブを率いる元選手の青年社長を主人公に、連敗に苦しみつつも前を向いて少しずつクラブを立て直していく様は、サッカーライターとして多くのクラブを実際に取材してこられた方だからこそ書けるリアリティーに満ちていると同時に、読者を飽きさせないよう、アクション要素や恋愛要素といったものも盛り込まれています。ラノベ読者も楽しめる要素がいっぱい!

 倒れかけのクラブにはありがちな不正経理の問題なども登場。誰が敵で誰が味方なのかわからない状況でそういった問題を暴いていくストーリーは、『半沢直樹』のような経済小説にも通じるところがあります。

 そして、それらすべてがシャープな文体で綴られていきます。後藤さんはSFやミステリを主に読んでこられたということで、伏線の張り方と回収が見事なので、どんどん読み進めてしまいます。340ページ近い大作ですが、一気に読めてしまいました!


d0237121_9334963.jpg

 さらに挿絵・キャラクターデザインはヴェルディサポーターとしても有名な、漫画家の高田桂先生がご担当!
 かわいいくてかっこいい女の子も、もちろん登場しますよ(笑)

 amazonさん等、通販でお気軽に購入いただくことができます。本屋さんだとサッカー書籍の棚に並んでいることが多いので、ぜひご覧になってみてください!
 ラノベファンの方々にも、絶対に楽しんでいただける作品です!!



『アニ×サカ!!』にお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

 7月12日にはFC岐阜×『聲の形』コラボも長良川競技場で行われますので、ぜひそちらにも来てくださいね!

 次回更新は8月10日を予定しています。

[PR]
by thurinus | 2015-07-10 20:00 | SS


若旦那の中に(袋の中が作者)

以前の記事

2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
more...

なかのひと

白鳥士郎


ご意見・ご感想・農業や将棋ネタ等ございましたらお気軽に

nankagun@gmail.com

ライフログ


のうりん 13 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと!(3) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん Blu-ray BOX


りゅうおうのおしごと!(1) (ヤングガンガンコミックス)


りゅうおうのおしごと! (GA文庫)


のうりん(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん プチ(2) (ビッグガンガンコミックス)


のうりん-野生-2


TVアニメ のうりん 公式ファンブック


【Amazon.co.jp限定】切符イラストレーションズ B4ポスター付き


のうりん 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

検索

ブログパーツ

最新の記事

第81回 りゅうおうのおしご..
at 2017-02-10 20:00
第80回 このライトノベルが..
at 2016-12-02 19:30
第79回 のうりん13特典情報
at 2016-10-10 20:00
第78回 りゅうおうのおしご..
at 2016-09-10 20:00
第77回 アニ×サカ!!水戸の陣
at 2016-07-20 19:00

記事ランキング