カテゴリ:SS( 85 )

第62回 アニ×サカ!! のうりんVSガルパン

5月31日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた

アニ×サカ!! 第3戦 FC岐阜(のうりん)VS水戸ホーリーホック(ガルパン)のレポートをお届けします!


GIGAZIN様 こちら

ドメサカブログ様 こちら


でも当日の様子をまとめていただいておりますので(ありがとうございます!!)

そちらもあわせてご覧ください。


FC岐阜様からも貴重なお写真をご提供いただきました。朝から振り返っていきましょう!



d0237121_0384730.jpg



この日、JR岐阜駅を出てすぐの場所にあるアニメイト岐阜店さんで

アニ×サカ!! フェアを開催していただきました。

FC岐阜サポーターの皆さんは開店前からお店の前で待っていて・・・




d0237121_039261.jpg

10時半の開店直後から店内のアニ×サカ!! ブースは大盛況!(試合開始7時間半前)

のうりんだけではなく、ガルパンや甘ブリグッズも充実しています。

6月14日まで「アニサカコーナー商品20%OFFセール」も開催中!

お買い物はぜひアニメイト岐阜店で!




d0237121_0392571.jpg

11時頃にスタジアム到着。既に物販の準備が始まっています。




d0237121_0393385.jpg

多くの方々が列をなしています!



d0237121_0394041.jpg

ここが最後尾。お疲れさまです。



d0237121_0395475.jpg

物販テントの横では、SEGA様のリズムアクションゲーム『ミラクルガールズ・フェスティバル』のプロモーションが。画面は「ゆるゆり」ですが、のうりんも登場しますよ!


MGF公式サイト



d0237121_0404659.jpg

戦車(※よく「戦車じゃない」と突っ込まれるそうです)も到着!



d0237121_0405272.jpg

黒森峰女学園のエンブレムの横に、「FC岐阜×のうりん」が!!




d0237121_0405941.jpg

一方、講演会場でも準備が始まっていました。



d0237121_0412291.jpg

講演の準備から設営、後片付けまで全て手伝ってくださったボランティアの皆様。AKB40のシャツをご着用いただいております。



d0237121_0413061.jpg

受付開始。本日発売のコラボグッズを早くも身につけておられます。



d0237121_042939.jpg

司会進行の石原英明様。元FC岐阜のスタッフで、この日もボランティアで駆けつけてくださいました。




d0237121_0433771.jpg

13時。講演開始です。


演題は『キャラクターによる地域振興』

ライトノベル作家で、名古屋めしを題材にした『八番目のカフェテリアガール』著者の石原宙先生

バンダイビジュアル宣伝部でご活躍中、アニ×サカ!!の仕掛け人でもある廣岡祐次

このお二人にもご登壇いただき、貴重なお話を聞かせていただきました。




d0237121_0424665.jpg

廣岡さんは前職で各務原のイオンへ来られたことがあるそうです。岐阜は二回目。


d0237121_0425497.jpg

石原先生は愛知県ラノベ大使の肩書もお持ちです。サッカー観戦はFC岐阜が初めてとのこと。



d0237121_0435546.jpg

おかげさまで笑いの絶えない講演となりましたが

かなり突っ込んだ内容なので、詳しい事は書けません(笑)



d0237121_044195.jpg

講演が終わるともう15時。スタジアム前では色んなイベントが始まっています!




d0237121_0443211.jpg

アニ×サカ!! ポスターや、のうりんグッズがもらえる出張献血。とても多くの方々にご協力をいただきました。ありがとうございます!



d0237121_0444624.jpg

マスコットキャラの献血ちゃんも出動!





d0237121_045451.jpg

のうりんのモデル・加茂農林高校の直売所『グリーンショップかものう』の出張販売。
流通科学科3年生の皆さんが、生産科学科(A組)や生物工学科(B組)が作ってくれたキュウリやパウンドケーキを販売してくれています。




d0237121_0451949.jpg

そして今年は林業工学科も登場! ネイチャークラフトです。



d0237121_045363.jpg

シュロの葉を使った工作は、小さなお子さんに大好評!!


d0237121_0461555.jpg

こんな小さなお子さんも「のうりんユニフォーム」を着てくれていますね



d0237121_047083.jpg

恩田社長も高校生たちのブースを激励に来てくださいました!




d0237121_0471174.jpg

販売開始前から行列ができていたのは、岐阜農林高校のブース




d0237121_0472218.jpg

キャラのプリントがされた岐農乳アイスは、暑さもあって飛ぶように売れています!




d0237121_0473785.jpg

水戸の物販。はるばるありがとうございます。岐阜サポの姿も見えますね(笑)




d0237121_0474622.jpg

「のうりん×ガルパン」のコラボタオルマフラーが売れ筋商品だったようです




d0237121_0485559.jpg

大洗まいわい市場様も、茨城の素晴らしい逸品をたくさん販売してくださいました!



d0237121_049791.jpg

その隣ではJA全農岐阜様の野菜縁日が



d0237121_049359.jpg

枝豆すくい。やぶれちゃった!



d0237121_0494538.jpg

野菜輪投げに挑戦



d0237121_050348.jpg

入らないんですけど?




d0237121_0501425.jpg

美濃加茂市のブース。お買い上げくださった方にはウッドプレートをプレゼント!



d0237121_0502322.jpg

美濃加茂やきそばのブースでは、なんと藤井市長が焼きそばを焼いてました!



d0237121_0504693.jpg

石原先生も美濃加茂やきそばを買いに来ました



d0237121_0505933.jpg

16時。畜産調教部の「碁盤乗り」の準備が進められています。



d0237121_0512753.jpg

恩田社長と一年ぶりの再会を果たす「はるみ号」



d0237121_0513795.jpg

碁盤の前で牛を待つ人々。大注目ですね!




d0237121_0515178.jpg

遂に牛が登場! のうりんの幟を持ってますね(笑)




d0237121_0523614.jpg

まずは碁盤の周りを「8の字」で歩かせます。スムーズ!



d0237121_0524452.jpg

そして碁盤乗り! はるみ号は慣れたものです。



d0237121_0525464.jpg

去年はちょっと緊張していた「きよら号」も、あっさり乗りました!



d0237121_053481.jpg

二頭同時乗り!



d0237121_0531713.jpg

サッカーぽく、コートチェンジ!




d0237121_053336.jpg

大仕事を終えた畜産調教部の皆さん。ホッと一息。




d0237121_0534247.jpg

顧問の古関先生はサッカーライターの後藤勝さんからインタビューを受けていました。




d0237121_054022.jpg

さあ、ついに「戦車から水ロケット発射パフォーマンス」のお時間です!
海津市にお住まいの大橋保彦さんが「プラモデルを1/1で作る会」の皆さんと作っちゃったヴィーゼル戦車!

大橋さんのブログ『自作戦車』 こちら



d0237121_0541635.jpg

まずは大洗まいわい市場の方が、大洗の「干し芋」の説明を。大洗女子学園生徒会御用達!



d0237121_0542898.jpg

その間に、加茂農林高校のキュウリも完売していました



d0237121_0543934.jpg

岐阜農林のアイスも、とっくに完売!



d0237121_0545740.jpg

水ロケットの権威・片岡さんが戦車にロケットをセットします



d0237121_055790.jpg

それを見ながらキュウリを食べる岐阜サポの皆さん。水戸が芋なら岐阜はキュウリだ!



d0237121_0552229.jpg

FC岐阜×のうりんTシャツを着て、水ロケットの説明をする片岡さん。飛ばすロケットは野菜を描いたのうりん仕様!



d0237121_05538100.jpg

「向こうの広場まで飛ぶから、誰もいないか確認してください!」視線の先には加茂農林のテントがあります



d0237121_0554982.jpg

燃料である水を詰め、空気を入れて・・・あとはスイッチを押すだけ。



d0237121_056216.jpg

発射!!



d0237121_0561451.jpg

一瞬で視界から消えます




d0237121_0562229.jpg

めっちゃ飛んでる!





d0237121_059288.jpg

次は岐阜サポ名物・痛フラッグのお披露目です!(プログラムにはありません)



d0237121_0591233.jpg

ピンクの半被は「のうりん大感謝祭」の時のものですね



d0237121_0592895.jpg

あっというまに人だかりができます



d0237121_0593856.jpg

せっかくなので戦車と一緒に撮影したいということで・・・




d0237121_10118.jpg

あっ! あれは・・・Ggreenさん!?



d0237121_103180.jpg

マントにのうりんキャラが! お渡ししたパワーアップパーツを身につけてくれたようです!!


d0237121_104991.jpg

のうりんフラッグ勢揃い! Ggreenさんのマントが風に煽られてる!




d0237121_11277.jpg

片岡さんの息子さん。この後もスタジアム内で水ロケット発射パフォーマンスの大仕事があります。



d0237121_111655.jpg

「じ~ぐり~ん」に変身したGgreenさんは岐阜農林の生徒さんから握手をせがまれていました。



d0237121_113752.jpg

「一緒にFC岐阜を応援していこう!」と若者を激励するGgreenさん




d0237121_12399.jpg

戦車と一緒に畜産調教部も記念撮影



d0237121_121943.jpg

この戦車はコンバインのエンジンを詰んでいるので、牛もすぐに懐いてる?




d0237121_12359.jpg

楽しいイベントも終わり・・・ついに試合が始まります!




d0237121_125212.jpg

実は遊びすぎて『スタジアムDJ』に遅れました



d0237121_13101.jpg

スタジアムで紹介されるバイオ鈴木とマネー金上


d0237121_13191.jpg

声優の大坪さんと東内さんの息の合った掛け合いで、スタジアムを大いに沸かせました!(聞けませんでしたが・・・)



d0237121_133183.jpg

両チームが最後の練習をしています



d0237121_134151.jpg

コアサポーターの集まるバモスゾーン。・・・ん? 何だあれは?



d0237121_135461.jpg

若旦那! 若旦那じゃないか!!



d0237121_1495.jpg

若旦那は太鼓を叩いていました。リズム感は抜群です!



d0237121_141912.jpg

のうりんVSガルパンの一戦が始まろうとしています・・・!



d0237121_143130.jpg

石原先生も立って応援。ここでは座ることなど許されません!



d0237121_144115.jpg

いつも以上にすごい空間になっていました



d0237121_145047.jpg

半被の人もいます(本日二人目)。ありがとう!



d0237121_151269.jpg

試合前、美濃加茂市出身のMF益山司選手が「もっとみのかも夢大使」に就任した事が発表されました。ビデオメッセージで喜びの声をサポーターに伝えます




d0237121_153772.jpg

試合前のパフォーマンスには、藤井市長とかも丸くんがセンターサークルに登場!




d0237121_16051.jpg

市長のマイクパフォーマンスに・・・



d0237121_161274.jpg

サポーターは痛フラッグで応えます!



d0237121_162523.jpg

d0237121_164293.jpg

暑くて風のある中でフラッグを掲げ続けるのは体力的にも大変ですが、皆さん頑張ってくれています!



d0237121_165634.jpg

「ぼくもがんばるよ!」




d0237121_17641.jpg

後ろから見るとこんな感じです。壮観!




d0237121_1354688.jpg

水戸サポも負けていません!




d0237121_18514.jpg

そしてお待ちかね、水ロケット発射パフォーマンスの準備が整いました



d0237121_18186.jpg

d0237121_183620.jpg

発射!!



d0237121_184651.jpg

すごい勢いで飛んでいきます!



d0237121_191299.jpg

明らかにスタジアムの屋根より高く飛んでますね



d0237121_192763.jpg

お客さんからも大歓声! ロケットはんぱないってー!



d0237121_110340.jpg

上空で水平になります。このため、ピッチに突き刺さることはありません



d0237121_110326.jpg

ゆるやかに着地。すごいものを見ました・・・!



d0237121_1104338.jpg

さあ、選手入場です!




d0237121_1105660.jpg

タオルを振って選手を迎えます




d0237121_1111843.jpg

藤井市長から、両チームの主将に美濃加茂の地酒が贈られました。サッカーファンの市長は喜びを隠しきれません(笑)




d0237121_1113162.jpg

キックオフ直前セレモニーも終わり、戦闘準備です!



d0237121_1114521.jpg

両チームが円陣を組み・・・



d0237121_112689.jpg

キックオフ! コラボマッチ開始です!




d0237121_1132052.jpg

そして開始から17分。FC岐阜はコーナーキックのチャンスを得ます!



d0237121_1133585.jpg

チャンスシーンのカットイン演出。バイオ鈴木が登場!



d0237121_114661.jpg

高地系治のコーナーキック



d0237121_1142278.jpg

それを・・・難波が合わせました!



d0237121_1143766.jpg

ゴーーーーーール!!



d0237121_114484.jpg

FC岐阜、いきなり先制点です!



d0237121_1145711.jpg

今日一番の大騒ぎ。やっぱり試合が一番盛り上がりますね!



d0237121_1151818.jpg

オー、オー、オーレオー、なんばー、オーレー♪
かーけーぬーけろー、なーんーばーゲットゴォール♪




d0237121_116205.jpg

\(^o^)/なんば! /(^o^)\ドンドンドン! \(^o^)/なんば! /(^o^)\ドンドンドン!




d0237121_1163116.jpg

ですが2分後。いきなり水戸にフリーキックのチャンスを与えてしまいます



d0237121_1164577.jpg

それを船谷に押し込まれてしまいました・・・!



d0237121_1165774.jpg

あっというまに同点に追いつかれ、試合は振り出しに戻ります



d0237121_117668.jpg

フリーキックのチャンスを掴みますが・・・


d0237121_1171672.jpg

弾かれた! なかなか決まりません



d0237121_1174474.jpg

お互いに追加点を奪えないまま、前半終了・・・



d0237121_1175169.jpg

とにかく暑い! 選手の体力が心配です(中の人も・・・)



d0237121_1181391.jpg

献血のPRも、バイオと金上が担当。息の合った掛け合いを聞かせてくれます



d0237121_1182382.jpg

おや? 何か妙なものがスタジアムに侵入してきましたよ?



d0237121_1183471.jpg

あれは・・・軽トラ!?



d0237121_1185342.jpg

まさかの「のうりん痛軽トラ」が出現! お客さんはどう反応したらいいかわかりません(笑)



d0237121_1192823.jpg

荷台にもバッチリのうりん



d0237121_119433.jpg

どうやらウェーブの旗に追走するようです!



d0237121_119544.jpg

そうとわかったらフラッグもウェーブに参加



d0237121_120581.jpg

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございます!



d0237121_1201327.jpg

水戸の皆さんもご参加くださいました。光り物が登場してますね



d0237121_120239.jpg

精鋭の名にふさわしい水戸サポの皆さん。前半は互角でしたが、後半は・・・?



d0237121_1205469.jpg

夕暮れの中、戦いが再開されました



d0237121_121354.jpg

岐阜も光り物が登場。この日に販売されたグッズです



d0237121_1211225.jpg

岐阜は何度もチャンスを得ます。金上のカットイン演出



d0237121_1211973.jpg

一進一退。チャンスは奪えますが、決定機を作れません。そこで・・・



d0237121_1213150.jpg

後半19分、ラモス監督は遂に益山を投入!



d0237121_1214744.jpg

背番号19番が益山。夢大使としての初陣です!



d0237121_1215858.jpg

FC岐阜、フリーキックのチャンスを掴みますが・・・



d0237121_1221060.jpg

残念! 得点には至りません・・・


d0237121_1221931.jpg

そしてなぜか花火が上がりました。どーん


d0237121_1222912.jpg

これは近くのホテル(?)が、全く別のイベントのために上げた花火だそうです



d0237121_1224274.jpg

残り時間も少なく、岐阜サポの応援も必死です!



d0237121_1225513.jpg

ここでコーナーキックのチャンス!



d0237121_123320.jpg

バイオ鈴木も煽ります!



d0237121_1233595.jpg

コーナーキックは・・・クリアされました。


d0237121_1234889.jpg

その後、試合終了直前に益山の強烈なボレーシュートもありましたが



d0237121_1241784.jpg

最後まで1対1のまま、試合終了!



d0237121_1243222.jpg

本当にお疲れさまです



d0237121_1244497.jpg

引き分けでしたが、選手たちは最後まで必死に戦ってくれました



d0237121_1253974.jpg

最後はこの二人が登場。ありがとうございました!



d0237121_1254844.jpg

遠くからこのコラボマッチに駆けつけてくれたサポーターさん。いつもありがとうございます



d0237121_126438.jpg

お昼から夜までイベントいっぱいの一日でした。お疲れさまでした!!



アニ×サカ!!の試合は今後も続きます。

次回は7月8日、今回と同じ長良川競技場で

FC岐阜と東京ヴェルディが再戦!

あの味スタの悪夢を覆すことができるのか・・・!?

平日開催ですが、お時間に余裕のある方はぜひお越しください!!



アニ×サカ!! 第4試合

FC岐阜(のうりん)VS東京ヴェルディ(甘城ブリリアントパーク)は

7月8日 19時よりキックオフ!



次回更新は7月10日を予定しています。
[PR]
by thurinus | 2015-06-10 20:00 | SS

第61回 アニ×サカ!! 発動篇

d0237121_065258.jpg


バイオ「アニ×サカ!! ついに発動よぉん!」

金上「5月31日、長良川競技場でのFC岐阜(のうりん)VS水戸ホーリーホック(ガルパン)の詳細が発表になったようだな・・・!」


 FC岐阜様HPの該当ページ こちら


金上「今年から始まった3クラブ合同企画『アニ×サカ!!』も第3戦目。岐阜では今年初めての開催となる・・・」

バイオ「ちなみに、去年はこんな感じだったわぁん」


 昨年の8月31日に行われた『FC岐阜×のうりん』コラボの様子



金上「アニメとサッカーのコラボグッズ販売のみならず、地元の農業高校が参加したということで、サッカーファンからも好評だった・・・」

バイオ「今回のコラボマッチは、今まで行われてきたサッカーとアニメのコラボの中でも史上最大規模!」

金上「そもそも試合開始が18時なのに、物販の開始時間が12時、イベントの開始時間が13時というのがな・・・どれだけ詰め込んだのかと」

バイオ「まずは『コラボチケット』よぉん!」

金上「今回のための描きおろしイラストを使用したオリジナルデザインチケット(ホーム自由席)が販売中! しかもこのチケットにはコラボイラストフェイスタオル付きだ!」

バイオ「フェイスタオルはこのチケットを買わないと手に入らない限定品よぉ!」

金上「発売は9日の10時からだったが、限定100枚のはず・・・が! 販売開始30分後にはさらに100枚の追加が決定っ・・・!」

バイオ「早くしないと売り切れちゃうわよぉん?」

d0237121_1233196.jpg

こちらがチケットになります


d0237121_1235368.jpg

このフェイスタオルがついてきます!


 購入方法についてはFC岐阜様HPの該当ページをご覧ください こちら




『史上最大の物販』



バイオ「他にもこのコラボマッチでしか買えないグッズが大登場よぉ!」


d0237121_183995.jpg

①のうりんコラボTシャツ 税込3,996円


d0237121_1833019.jpg

②のうりんコラボタオルマフラー 税込2,160円


d0237121_1834554.jpg

③のうりんコラボ缶バッジ全10種(カプセルトイ) 税込300円


d0237121_184552.jpg

④のうりんコラボスターセイバー 税込2,808円



⑤のうりんコラボたまごかけごはんセット 税込3,240円
※本商品は、以下4点のセット販売です(限定100セット)。

d0237121_1843111.jpg

・もえたま!(岐阜県産たまご6個パック)(株式会社タックジャパン)


d0237121_1844531.jpg

・のうりんパッケージ「はつしも」1.2kg(JAめぐみの)


d0237121_185190.jpg

・のうりんパッケージ「たまごかけごはんのたれ」(山川醸造株式会社)


d0237121_1852213.jpg

・若旦那コラボイラストトートバッグ(たまごかけごはんセット限定)



d0237121_1853990.jpg

⑥「アニ×サカ!!」対戦記念タオルマフラー 税込2,430円




バイオ「どぉ!? この充実の品揃え!」

金上「グッズ販売は12時からだが・・・特に気になるのは『スターセイバー』と『たまごかけごはんセット』だな」

バイオ「サッカーの物販とは思えないセレクションよねぇ」

金上「セイバーはアイドルライブでも使用できそうな、でっかいペンライトみたいなもんだ。この日の試合はナイトゲーム。ぜひ全力で振って応援してくれ・・・!」

バイオ「そしてたまごかけごはんセットは、去年のコラボマッチでも販売した『もえたま!』と、美濃加茂市で売ってるのうりんパッケージの『はつしも』、そして今回が初お目見えの『のうりんパッケージたまごかけごはんのたれ』の3つを、若旦那イラストの入ったトートバックに詰めてのセット販売よぉん!!」

金上「たまごかけごはんのたれは『元祖たまごかけごはんのたれ』や『アイスクリームにかける醤油』などで有名な岐阜の山川醸造さんによる逸品! どのアイテムも岐阜100%の3点セットは、袋までオリジナルで限定100セット! 戦争だろ・・・! こんなもん売っちまったら、戦争だろっ・・・!」

バイオ「この他にも売り物はあるわぁん。今年も登場の農業高校ブースでは、のうりんのモデルとなった加茂農林高校による野菜や加工品の販売、そして去年一瞬で売り切れた岐阜農林高校の『岐農乳アイス』が、新たなコラボパッケージで販売! どれも売り切れ必至よぉん!」

d0237121_1862411.jpg

岐農乳アイス、今年はダージリン様も御登場!


金上「しかも今年はJAめぐみの直売所『とれったひろば』が参戦! 農協がガチで野菜を売りに来る『野菜縁日』が開催される・・・!」

バイオ「さらにこの日は美濃加茂市ホームタウンデーだから、『のうりんチョコクランチ(3種類)』はもちろん、のうりんパッケージの『はつしも』や、味スタで売り切れた美濃加茂ドライフルーツ(梨・柿・みかん)、そして温故知新のB級グルメ『美濃加茂やきそば(塩味)』も、スタジアムで味わえちゃうのわぁん!」

金上「さらに美濃加茂市は隠し球を用意しているという情報もある。この日、スタジアムに来なければ手に入らないグッズも・・・!?」

バイオ「スタンプラリーで様々な景品を生み出した美濃加茂市なら、やってくれそうねぇ?」

金上「岐阜だけじゃねえ。ガルパンの聖地・茨城県大洗町からも『大洗まいわい市場』さんがはるばる岐阜まで来て、珍しい大洗の恵みを提供してくれる・・・!」

バイオ「水戸ホーリーホック×ガルパンのコラボグッズも先行販売! のうりんファンだけじゃなくガルパンファンも長良川に集うのよぉ!!」


d0237121_1295978.jpg


d0237121_1301289.jpg




 ホーム・岐阜サイドを圧倒せんばかりの充実の品揃え!
(※修正 Tシャツ2種については後日販売でした。申し訳ございません)

 中部地区のガルパンファンの皆さんも、ぜひスタジアムへお越しください!!



『史上最大のイベント』



金上「売り物も充実してるが、さらに充実してるのがイベントだな」

バイオ「そう! まずはガルパンファンに大・朗・報! あの日照戦車に匹敵する『ヴィーゼル空挺戦闘車』の1/1モデルから、本物の地対空ミサイルみたいな水ロケットを発射するという、喋ってるわたしですらどんな事態になるのかわからないイベントががが!」

金上「水ロケットは、ちょっと信じられないほどの高さまで打ち上がるらしい・・・」

バイオ「FC岐阜のスタッフも、どんなロケットか見たいがために、交渉担当以外のスタッフも仕事を放り出して見学に行ったっていう情報があるわぁ!」

金上「岐阜の叡智が集結した打ち上げを、絶対に見逃すな・・・!」

バイオ「そしてもちろん『のうりんコラボマッチ』には欠かせない、わたしたち農業高校も登場するわよぉ!」

金上「のうりん原作にも登場した絶技『飛騨牛の碁盤乗り』、今年も二頭同時にご覧に入れる・・・!」

バイオ「あと、これも去年やって大好評だった献血コラボ。献血バスがスタジアムにやってきて、その場で献血にご協力いただけちゃうのよぉん!」

金上「400ml献血にご協力いただくと、『アニ×サカ!!』試合告知ポスターがゲットできる・・・! 甘ブリ、のうりん、ガルパンのキービジュアルが入ったこのポスター、献血以外では手に入らない超レアなブツ・・・!」

バイオ「事前の問診の結果で参加できなくても、コラボしおりをプレゼント。ぜひぜひ献血バスの前に足を止めてみてねぇん?」

d0237121_1325859.jpg

 このポスターが手に入っちゃいます!



金上「バスといえば・・・」

バイオ「そう、移動手段もアニメコラボ! 岐阜バスさんと聖地巡礼アプリ『にじたび!』さんの協力により、当日はスタジアムの近くを『のうりんラッピングバス』が運行するのよぉん!」

d0237121_1334063.jpg

d0237121_133518.jpg

 現在も岐阜市内を運行中!



金上「話題の岐阜バスマスコット『あゆかちゃん』にも会えるか・・・!?」

バイオ「あゆかちゃんは来るかわからないけど、かも丸くんかも美ちゃんには会えるんじゃない?」

d0237121_1342844.png

美濃加茂のマスコットです(^^)


バイオ「あとはパワーアップしたGgreenさんがどんな姿になってるのかも注目よぉん?」

金上「のうりんグッズを押し付け・・・いや、お渡ししたんだよな?」

バイオ「聞くところによると、名前がGgreenから平仮名になるとか・・・?」


d0237121_23584827.jpg

岐阜サポのヒーロー・Ggreenさんがのうりん仕様に・・・!?




金上「・・・そういえば今年も作者の講演会があるんだよな?」

バイオ「今年は『キャラクターによる地域振興』と題して、なぜか萌えキャラについて熱く語るらしいわぁん」

金上「『ゆるキャラ』が街興しに一役買ってるのは周知の事実だが、今は萌えキャラが熱い・・・ってわけか?」

バイオ「アニメの聖地巡礼とかも、萌えキャラによる街興しと捉えることは可能だもの。様々なパターンを紹介して、どれが最も街興しに有効なのかということを分析するつもりでいるみたいよぉ?」

金上「もともと『アニ×サカ!!』は地域振興を目的としたイベントなので、まあ趣旨に沿った講演と言えなくもないが・・・一人で喋るのは恥ずかしいからと、二人ほど巻き込んだらしいな」

バイオ「『愛知県ラノベ大使』の石原宙先生と、バンダイビジュアルの廣岡さんね。石原先生は名古屋めしを題材にした『8番目のカフェテリアガール』の作者で、廣岡さんは言わずと知れた『アニ×サカ!!』の仕掛け人よぉん!」

金上「石原先生はラノベを書くだけじゃなく、愛知県のサブカルイベント等にも深く関わってる。そういった実績から、『萌え』や『キャラクター』を使った街興しがどんなものなのか、それをするとどんなメリットが、どんな苦労があるのか、そういうことを語ってくれるらしい」

バイオ「廣岡さんからはアニメ業界の最新情報はもちろん、『アニ×サカ!!』の裏話なんかも聞けちゃいそうねぇ?」

金上「講演終了後にはサインとかもOKらしいから、本とかその日に販売されるグッズとかを持って来ると一粒で二度美味しい・・・!」

バイオ「こちらの講演会はファンクラブ・後援会の人が優先的に申し込めるわぁん。事前申し込みが必要だから、忘れずにねぇ?」


 参加資格・事前申込み方法については こちら


金上「さて、アニメとのコラボマッチといえば、目玉になるのはやはりスタジアムDJや試合中のカットイン演出だが・・・」

バイオ「今回は『のうりんTV』でおなじみのわたしたちがスタジアムDJをやっちゃうわよぉん!」


 バイオ鈴木役:大坪由佳さん(『ゆるゆり』歳納京子役等)

 マネー金上役:東内マリ子さん(『銃皇無尽のファフニール』マイカ・スチュアート役等)


 お二人が野菜作りに挑戦した『のうりんTV』 こちら


金上「ククク・・・ついに野菜作りから脱却! スタジアムで存分に声を出させてもらうっ・・・!」

バイオ「この日、このスタジアムでしか聞けない演技を、ぜひ長良川競技場まで聴きに来てねぇん! 選手のコールは試合の30分前くらいに始まるから、17時30分にはスタジアムの中に入っておくことをおすすめするわぁん!」

金上「試合中にもオーロラビジョンでアニメ風のカットイン演出もある。チャンスシーンやゴールシーンで盛り上がること間違いなしだぜ!」

バイオ「そのためにもFC岐阜の選手たちには、じゃんじゃんゴールを決めてもらわなくちゃねぇ?」

金上「いざとなったら北九州戦みたいにラモスが決めてくれるはず・・・!」

バイオ「ちなみに、『のうりんのアニメは見てたけど、サッカーはよくわからないから行くか迷う』っていう人には、ぜひこちらの短編を読んでもらいたいわぁ!」


 のうりん特別篇『農林サッカー』公開中! こちら(PDFファイル)


金上「作者の知識不足から『愛媛FC』をFC愛媛とか書いちまってる失礼なミスも散見される。クラブやサポーターの方々には本当に申し訳ないが・・・これを読めばFC岐阜ってクラブがどんなのなのか、わかってもらえる・・・か?」

バイオ「とはいえ文字で書いてただけじゃ、実際の『アニ×サカ!!』がどんなイベントかわかんないわよねぇ?」

金上「そこで最後に、4月11日に味スタで行われた東京ヴェルディとFC岐阜の戦いをご覧に入れる・・・!」

バイオ「甘城ブリリアントパークとのうりんのコラボマッチねぇん?」

金上「FC岐阜サポーターにとっちゃあ、つらい記憶になっちまったからな・・・駆け足で行くっ・・・!」



d0237121_1424749.jpg

 味スタにはサポーターさんが『甘城市』と横断幕を掲げてくれました!



d0237121_143192.jpg

 東京Vのマスコット『ヴェルディくん』も、美濃加茂市のブースに興味津々!?



d0237121_1431168.jpg

 この日に発表があった『FC岐阜×のうりん』のキービジュアルに反応!



d0237121_1432425.jpg

「腰は大丈夫?」と聞くと、まだ痛いとアピール。保険に入ったから安心だね!



d0237121_1433398.jpg

 美濃加茂ブースの隣には『コトブキヤ』さんのブースも。稲城市マスコットのなしのすけくん。



d0237121_1433960.jpg

 マスコットたちが集合!



d0237121_1434720.jpg

 美濃加茂のお米『ハツシモ』に興味を示す、あんぽむ先生とヴェルディくん 



d0237121_1435598.jpg

 関東在住の岐阜サポの方は、のうりんフル装備で参戦!



d0237121_144329.jpg

 岐阜名物『痛フラッグ隊』はアウェイでも大人気!!



d0237121_1892685.jpg

FC岐阜の恩田社長もブースを訪れてくださいました(^^)


d0237121_144122.jpg

d0237121_1441995.jpg

 試合が始まると、アニメを使ったカットイン演出が続々登場。試合を盛り上げます!



d0237121_14429100.jpg

 この日、前半27分までにFC岐阜は3点を取る猛攻



d0237121_144381.jpg

 4連敗中の岐阜サポは久しぶりの大量得点に大盛り上がり



d0237121_1444622.jpg

 ハーフタイムでは痛フラッグを掲げて撮影会をする余裕もあったのですが・・・



d0237121_1445817.jpg

 ゲームの最終盤、東京Vに次々とゴールを決められてしまいます



d0237121_145642.jpg

d0237121_1451236.jpg

 終わってみれば4点を取られて負け・・・ニュースになるほどの大逆転負けでした



d0237121_1452241.jpg

 深々と頭を下げるFC岐阜の選手たち。サポーターも掛ける言葉がありませんでした・・・
 


バイオ「昨年の8月31日に行われたのうりんコラボでは、東京V相手に3点を取って勝利しただけに、この大逆転負けは本当に堪えたわぁ・・・絶対に勝てると思ってたのに・・・」

金上「その油断が逆転に繋がったのかもな・・・」

バイオ「おまけに次節の栃木SC戦もホームで負けて、6連敗に・・・」

金上「だがFC岐阜は4月29日、V・ファーレン長崎に勝って復活・・・! 5月の連戦でも、気持ちの入ったいい試合を見せてくれている」

バイオ「この試合でも序盤に3点入れることができたように、決して力で負けてるわけじゃないわぁん!」

金上「そうさ! 5月31日は、オレたちの応援でチームを勝たせる・・・!」

バイオ「5月24日にはニコ生でアニメ『のうりん』の一挙放送もあるわぁん! これを見て気合いを入れて長良川競技場まで来てねぇん!!」


d0237121_2163554.jpg



 当日、私はホーム側のバック自由席でのうりんユニを着て、声を出して応援します。

 席に座ってゆったり観戦するのも、もちろん楽しいですが

 せっかくのイベントですから、ライブにでも行ったような感覚で

 グッズを身につけ、手を叩いたりチャントを歌ったりしてみませんか?

 声を出すのは、慣れないと恥ずかしいですし

 サッカーファンの中に入っていくのも、知り合いがいないと気後れしてしまいます。

 でも、普段は話しかけづらくても、

 この日はのうりんグッズやガルパングッズを持っている人なら、きっと話が合うはずです。

 そしてサポーターは、声を出して応援したいという人を、絶対に拒みません。

 私も、グッズをお持ちの方々には、積極的に声を掛けさせていただこうと思っています。

 この日買ったシャツやユニフォームをさっそく着て、タオルを首に巻いて

 ぜひ一緒に応援しましょう!



 次回更新は6月10日ころを予定しています。
[PR]
by thurinus | 2015-05-10 12:00 | SS

第60回 アニ×サカ 接触篇

林檎「アニ×サカ?」

農「アニメとサッカーのコラボやら!」

林檎「それ去年もやった」

農「やったねー。ちなみに去年はこんな感じやったけど」



d0237121_20524121.jpg

アニメあり、農業高校あり、サッカーあり



d0237121_20524835.jpg

スタジアムで牛の碁盤乗り



d0237121_20525525.jpg

ふれあい動物園



d0237121_2053632.jpg

農業高校生が手づくりしたコラボアイスクリーム



d0237121_20531383.jpg

東濃弁によるスタジアムDJ




農「ほんでも今年は一味違うやら!」

林檎「なにがちがうの?」

農「ふっふっふ・・・今でこそJリーグでも珍しないアニメとのコラボやけど、何と今年は3チームが合同で行います!!」

林檎「ごうどう!?」

農「ほれが『アニ×サカ』! アニメとサッカーのコラボを極限まで追求した新しい企画やら!」

林檎「ごうどう・・・って、どんな感じになるの?」

農「まず、今までのコラボは、各クラブが自分のホームゲームで単発的にコラボをしとったよね?」

林檎「そうね。去年は長良川競技場でFC岐阜だけコラボしてて相手チームはポカンってしてた」

農「まあ、こっちのチームのお客さんもポカンとしとりゃーたけど・・・何と今年はアウェーのチームもアニメとコラボ! つまり1つの試合で2つのアニメが楽しめるわけやね!!」

林檎「アニ×サカがやってるスタジアムに行くと、のうりんの他にも、コラボしてるアニメのコラボグッズが買えたりするわけ?」

農「ほーゆーことやね!」

林檎「で、どこのクラブが何のアニメとコラボするの?」

農「まずはFC岐阜! これは去年に引き続き、あたしんたぁ『のうりん』がコラボさせていただきまっす!!」

林檎「ありがたやありがたや」

農「そして稲城市を拠点とする東京ヴェルディ『甘城ブリリアントパーク』!

林檎「アニメ評論家の人が副業で主将をやってるチームよね?」

農「ほら1ゴール決めるとフィギュアが1体もらえる契約をコトブキヤさんと結んどりゃーすけども」

林檎「じゃあラモス繋がり?」

農「ほーゆー縁はあるかもしれんけど。クラブカラーも同じ緑やし」

林檎「アニメの血が流れている。時は来た」

農「しかも『甘城ブリリアントパーク』の原作者の賀東先生はあの名作高山アニメ『氷菓』のシリーズ構成をしとりゃーすもんで、岐阜にゆかりのある御方やら!」

林檎「名誉岐阜県民になってもらいましょう」

農「『一度でも岐阜を通過したら岐阜県民』みたーな条例を作るべきやと思うんやけど」

林檎「リニアや東海道新幹線に乗ると岐阜県民になれるわね」

農「ほんで水戸ホーリーホック『ガールズ・アンド・パンツァー』とコラボ! これはおそらくJリーグで最も有名なコラボやら!」

林檎「力の入れようがちょっと違うわね・・・」

農「ほのコラボが、今年は岐阜にも来てくれるんやね!」

林檎「ちなみにガルパンの水島監督は、のうりんのアニメ化を希望していたという噂も」

農「名誉岐阜県民やね」

林檎「つまり全て岐阜に所縁のある作品ということに」

農「日本の真ん中やでねー」



d0237121_2055014.jpg



農「ほんで、こちらがコラボマッチの日程になります」

林檎「岐阜で試合があるのは5月31日7月8日・・・7月の試合は平日じゃない?」

農「お仕事帰りにお寄りいただければと思うんやけど、メインとゆーか、盛り上がるのは5月31日になりそーやね」

林檎「日曜のナイトゲーム。イベントを詰め込むには最適な日程ね」

農「去年はどどんと農業高校が来てくれやーたり、献血があったり作者の講演があったりしたけど、今年はまだどんなイベントが行われるかとかは発表されとりません。もうちょっとお待ちください」

林檎「でも何となく聞いてるんでしょ?」

農「ほーやねー。とりあえず加茂農林高校では去年を上回るコラボを行う用意がある・・・とだけは」

林檎「去年のコラボでは加茂農林の持つ力の半分も出してなかったから。本気出したらもっとすごいから」

農「あと、グッズに関しては『FC岐阜×のうりんコラボユニフォーム』が既に予約受付中やら!」

林檎「去年はコラボTシャツだったけど、今年はコラボユニに昇格!」


d0237121_20574911.jpg


農「これを着たまんまスタジアムに来ても移動中恥ずかしくない程度にさりげなくあたしんたぁアニメキャラが配されとる、絶妙なデザインやら!」

林檎「人気のある襟付きユニフォームで、しかも今年のFC岐阜正式ユニフォームと完全に同じ生地なのよね?」

農「今年のガラは凝っとるでねー。関ヶ原の合戦をイメージした戦国デザインやら!」



d0237121_2119175.jpg

よく見ると戦国時代



林檎「こちらは期限付きの予約商品なので、4月10日の15時までにFC岐阜通販サイトでご購入をお願いします」


FC岐阜オフィシャルオンラインショップ『ぎふコレ!』


農「今年は配送が試合に間に合わんなんてことがないように、余裕持ってご予約を受け付けております! ぜひ当日はこれを着て長良川メモリアル競技場にお越しください!!」

林檎「で、もうアニ×サカは始動してるのよね? 他の試合はどんな感じなの?」

農「味スタで行われた甘ブリのホームゲームは、コスプレありコラボグルメありポン・・・モッフルありの楽しい試合になったみたーやよ!」

林檎「じゃあ5月31日はお客さんで満員ね! 1万5000人くらい来るんじゃない?」

農「・・・・・・」

林檎「どうしたの? 来ないの?」

農「実際にスタジアムに行ってサポーターさんたぁと話しとると、意外とみんなコラボマッチの存在を知らへんもんで・・・」

林檎「まあ、サッカーファンにとってはまだまだ縁遠い話題よね。急にアニメとコラボっていわれても」

農「ほんでも今年はサッカーファンとアニメファンが一緒に楽しめるように何とかやれんもんかといろいろ考えとるんやけどねぇ。っていうか、アニメとのコラボがなぁてもサッカーの試合って楽しめるんやよ?」

林檎「普段のFC岐阜の試合ってどんな感じなの?」

農「ほんならちょっと、FC岐阜のホーム開幕戦の様子を見てみよか!」



d0237121_2102859.jpg



林檎「まずは高山線に乗ってJR岐阜駅に到着。バス乗り場へ行きます」

農「しかも今年はラモスバスもあるやら!」


d0237121_21055100.jpg



d0237121_21118.jpg



d0237121_2111392.jpg




林檎「岐阜バスがんばった」

農「目的地のメモリアルセンターは岐阜のスポーツのメッカ! JR岐阜駅からバスで行くんやけど、岐阜県最大のアーケード街である柳ヶ瀬とか、岐阜城のある岐阜公園の前を通ったり、長良川を渡ったりと、岐阜の街を満喫しつつバスで行けるんやね!」


d0237121_2122217.jpg

悠久なる長良川の流れの向こう側にスタジアムが見えます・・・


d0237121_2131131.jpg

林檎「とうちゃく~」

農「まず今日の試合の見どころとか、FC岐阜の動向を確認するために『岐大通』をゲットせんならん」

林檎「ぎだいどおり?」

農「これやて!」



d0237121_213208.jpg

これ一枚で今日の試合の見どころが全部わかる『岐大通』


農「正式名称は『FC岐阜大好き通信』! 試合開始前に、こうして配布しとりゃーすんやね」

林檎「この人が作ってるの?」

農「そう! サポーターの人んたぁが記事の執筆から印刷、配布まで全て自分たーでやっとりゃーすんやよ」

林檎「すごい!」

農「選手や監督も読んどって、時には大きく拡大コピーされて貼り出されたりもしたことがあるんやて。ほんでも作っとる人んたぁは、あくまでもクラブとは一定の距離を取って活動をしとりゃーすの」

林檎「寄りすぎず、離れすぎず、適度な距離感を保ってるのね」

農「サッカーの応援曲(チャント)や掛け声(コール)をわかりやすく記した表も入っとるもんで、これ一枚あれば今日の試合はバッチリ楽しめるやら!」



林檎「試合の時刻が迫ってきて、スタジアムの中に入ったけど・・・アニメファンがサッカーに来るのって、ちょっと場違いじゃない?」

農「ほんなことあらへんよ? ほれ、あれを見てみやあ!」

林檎「アニメの旗!?」



d0237121_2174087.jpg

アニメコラボフラッグがスタジアムに翻る。この日は織田信奈!



農「この旗を作っとりゃーすのが、サポーターのRINさんやら」

RINさん「どうも!」

林檎「こういうのって他のチームでもやってるの?」

RINさん「最初は北九州だったと思います。イカ娘のコラボで『ギラ娘』とか作ってきてて」

農「ほれはオフィシャルっていうか、アニメとサッカーに関連性があるわけやなかったんやよね?」

RINさん「そうですね。イカ娘の舞台は神奈川ですから」

林檎「それを見てアニメとコラボしたフラッグを作ろうって思ったの?」

RINさん「はい。岐阜はアニメの舞台になった作品って、いっぱいあるんですよ。だから最初は織田信奈で。ここからは岐阜城も見えますし(笑)」

農「RINさんは美濃加茂市で行われた『のうりん先行上映会』にも来てくれやーたんやよ!」

林檎「放映中はのうりんフラッグも作ってくれて、コラボマッチの時は大量のフラッグで応援してくれたのよね!」


d0237121_2182464.jpg

昨年のコラボマッチにて


RINさん「Jリーグの広報の方も写真を撮って記事に取り上げてくれたし、岐阜サポのみんなも理解してくれていますね。色んな応援の仕方があっていいと思います」

林檎「サッカーファンは懐が広い」

農「もちろん普通の旗もあるんやよ? この人がいつも振っとりゃーすけど」


d0237121_21114372.jpg

大きな旗の振り方を実演してくださっています。この躍動感!


林檎「・・・普通?」

農「この人が被っとりゃーすのは、FC岐阜応援マスコットの『プリニー』やね」

林檎「ディスガイアだ!」

農「ちなみに関東から鈍行列車に乗って毎試合岐阜まで来ておられます」

林檎「そこまで岐阜を愛してるの!?」



d0237121_21102410.jpg

ゆかたんリストバンドを巻いて頑張る


農「岐阜県には今まで地元のプロスポーツチームってのがね? 野球はドラゴンズやし・・・」

林檎「スポーツ王国岐阜なのに・・・」

農「やもんでFC岐阜ができたとき、全国に散っとった岐阜の人々が立ち上がり、一つになったんやね!」



d0237121_21214749.jpg

試合開始前やハーフタイムには楽しい催し物も


d0237121_21215774.jpg

話題の岐阜バスマスコット「あゆか」ちゃんも!



林檎「観戦中はどこで見てもいいの?」

農「メモリアルでFC岐阜を応援するならホーム側。どこで応援しても楽しいけど、バック自由席で声を出すと気持ちがええやら!」

林檎「中学校の体育祭みたいな感覚で応援できるのね。簡単で楽しい!」

農「できれば緑っぽい服を着て来ると、一体感を味わえるねぇ」



d0237121_2113512.jpg

タオルもあるともっと楽しめます! もちろんスタジアムで買えます(^^)


d0237121_21122529.jpg

チャントはわかりやすいので周りのマネをすれば大丈夫! コールリーダーに注目!!



林檎「でも、ぜんぜん知らない人たちの中に一人で入っていくのってハードル高い・・・」

農「ガチなサポーターの皆さんも、お互いの本名を知らんなんてことはザラやら」

林檎「みんな会えるのはスタジアムだけ。だからこそ、ここでは日常を忘れて楽しめるのかも?」

農「特に岐阜サポの皆さんは、厳しい時代が長かったこともあって、少しでもチームを盛り上げようという強い気持ちを持っとりゃーすもんでね。応援する人を拒むことは絶対にあらへんて。どんな形でも応援する気持ちを持ってくれとったら優しく受け容れてくれるやら」

林檎「こういう人もいる」



d0237121_21134749.jpg


農「Ggreenさん! Ggreenさんやないの!」

林檎「どうしてそんな格好してるの?」

Gさん「これですか? 実はFC岐阜ってマスコットみたいなのがいなかったんですよ。だから自分で何かできないかと思って、ドンキで材料を買ってきて」

林檎「ドンキで!?」

農「あそこやね。柳ヶ瀬のあの、金公園の近くの・・・」

Gさん「でもまあこの格好で来た直後に、ミナモがレンタルマスコットに採用されちゃったんですけどね(笑)」

林檎「さっそく存在意義が・・・」



d0237121_2115405.jpg

気さくに写真撮影に応じてくれるGgreenさん。普通に喋ってくれます



農「ほ、ほんでもあれやら? 今でも続けとりゃーすってことは、サポーターの反応もよかったってことやら?」

Gさん「ええ、好評ですよ。子供さんとか凄く喜んでくれて」

農「ほっ・・・」

Gさん「でも、子供って飽きっぽいじゃないですか? だから最初は喜んでくれるんですけど、試合が終わる頃にはもう飽きられてて・・・」

林檎「飽きられるの早ッ!」

農「『次の試合には』とかやないんやね。もうその試合のうちに飽きられてまうんやね・・・」

Gさん「だから常に新しい物は取り入れるようにしていますね。たとえばこのツノとか、光るんですけど」

林檎「ほんとだ!!」

Gさん「ベルトのバックルもね。光るんですよ。LEDで」

農「少しずつ改良を重ねることで、今の姿があるんやね」

林檎「じゃあ5月31日はこの『のうりん』グッズでパワーアップしてきてください」

Gさん「わかりました」



d0237121_21162323.jpg

パワーアップパーツを受け取ってくれるGgreenさん




d0237121_21163134.jpg

みんなと一緒に片付けをするGgreenさん。等身大のヒーローです





林檎「はー・・・声も出してスッキリ」

農「試合が終わって選手たちがスタジアムから姿を消してからも、サポーターやボランティアの人んたぁはゴミ拾いをしたり、横断幕や旗を片づけたりと、やることがいっぱいあるんやよ?」

林檎「えらい!」

農「サッカーの試合は、こうしたサポーターやボランティアの人んたぁがおって初めて行えるんやね。やもんでゴミの分別とか、可能な限り協力してもらえると嬉しいです」

林檎「片づけた横断幕とかはどうするの?」


d0237121_2117710.jpg



農「こんな感じで箱に入れて、持って帰るんやね」

林檎「持ち帰った人が保管して、次の試合に持って来るの?」

農「ほーです。雨に濡れたら近所の公園とかに広げて乾かさなかんし」

林檎「乾かすんだ!? 平日でしょ!?」

農「やもんで、仕事の始まる前とか、昼休みとかに・・・」

林檎「大変ね・・・」

農「アウェイの試合の前には、誰がどの旗とか横断幕とか持って行くか、試合後に集まって相談したりするんやよ?」

林檎「サッカーって、いろんな人に支えられてるのね・・・」

農「テレビやネットで中継を見るだけやと、こーいった面白さは味わえんでね! ぜひ5月31日は長良川メモリアル競技場に足をお運びください!!」

林檎「他のアニ×サカの試合もよろしく~」

農「4月11日は味スタで東京ヴェルディ対FC岐阜のコラボマッチがあるでね!!」

詳しいイベント内容はこちら



d0237121_21252942.jpg

話題の岐阜バスマスコットあゆかちゃんと会えるのはFC岐阜の試合だけ!



4月11日は作者も味スタへ応援に行きます!

次回更新は5月10日頃を予定しています。

[PR]
by thurinus | 2015-04-10 20:00 | SS

第59回 のうりん10巻発売予告!

耕作「のうりんをお読みいただいている皆さま、大変お待たせいたしました!」

林檎「しましたー」

耕作「前巻より八ヶ月ぶりの刊行となります『のうりん10』、ようやく発売であります!!」

林檎「ありますー」

耕作「ではさっそくご覧ください。10巻はどんな話になるかというと――」




d0237121_15155667.jpg



林檎「えっ!? ベッキー先生が・・・結婚!?」

耕作「いや! よく見て林檎ちゃん!!」

林檎「???」



d0237121_15161131.jpg




林檎「あっ。なんか小さく『か?』って書いてある」

耕作「スポーツ新聞的なアレだね」

林檎「ベッキー先生、本当に結婚するの?」

耕作「それは読んでのお楽しみです・・・」





d0237121_3315653.jpg



耕作「さて今回はドラマCD付き特装版も発売されます!」

林檎「表紙がわたしだ!」

耕作「内容的にはアニメでやった後のお話で、ナタリーとかが登場します」

林檎「たのしみ」

耕作「そして今回は購入店舗によって豪華な特典が!」






d0237121_3324061.jpg



耕作「とらのあなさまでこちらの特装版を買うと、このクリアファイルがもらえます!」

林檎「豪華!」

耕作「さらにとらのあなさまで通常版もしくは特装版を買うと、掛け替えカバーももらえちゃいます!」



d0237121_333014.jpg




林檎「じゃあ・・・とらのあなで特装版を買うと、クリアファイルと掛け替えカバーもついてくるってこと?」

耕作「そのとおり! おとくでしょ?」

林檎「他には?」

耕作「アニメイトさまでご購入いただくと、このイラストカードが特典でついてきます」


d0237121_3333441.jpg




耕作「さらに、ゲーマーズさまでご購入いただくと、こちらのオリジナルブロマイドがついてきます!」


d0237121_3335840.jpg




林檎「どこで買うか迷うー(>_<)」

耕作「こんな感じで豪華な特典が目白押しな10巻、ぜひぜひお買い求めください!!」

林檎「3月15日ころ発売ですー」





 前巻から大変お待たせして申し訳ございませんでした。

 どうぞよろしくお願いいたします!

 
 次回更新は4月10日を予定しております。

[PR]
by thurinus | 2015-03-10 20:00 | SS

第58回 ビジネスプランコンテスト



今回は、平成27年2月14日

岐阜県関市のJAめぐみのにて行われた

ビジネスプランコンテストについてのレポートです。


岐阜県下の高校生が応募してくれたプランは

800案近くにもなりました。

その中で、トップ10に選ばれたプランが

決勝大会で発表されました。


審査員長は、フリーアナウンサーの長谷川豊さん。

白鳥は特別審査員という形で、審査に関わらせていただきました。


私は今まで、農業高校のプロジェクト発表を見てきたので

農業高校がどんな発表をするかは想像が付きます。

しかし、商業高校や普通科の高校が

どんな発表をするのかはわからないので

非常に楽しみにしていました。


では、発表されたプランを順にレポートさせていただきます。




その1『岐阜がつまった4種のコロッケ棒』

発表者:河端美月さん(県立岐阜商業1年D組)


d0237121_18392179.jpg

トップバッターは県岐商の1年生。野球が強い学校ですね。

プランの内容は

『岐阜の地元野菜を使ったコロッケを作って岐阜をPRしよう』

というものです。

4種類のコロッケを串に刺すという大胆な発想と

そのコロッケが『枝豆』『キムチ』『トマト』『柿』という

かつてない素材を生かそうとした部分に好感が持てました。

トマトは高山、枝豆は西濃、キムチと柿は中濃を表現しており

『オール岐阜』を目指している志の高さは

他の発表には欠けていた視点だったため

発表後に、私が勝手に『のうりんチョコクランチ』をプレゼントしました。

(コンテストはバレンタインデーに行われました。)





その2『まくわうりを使った地域活性化プラン』

発表者:岐阜農林高校動物科学科加工班


d0237121_18394344.jpg

2番手にして岐阜県最大の農業高校が登場。

発表前には「スライド準備OKですか!?」と

農クの発表そのままの確認を見せてくれるなど

発表の準備は商業高校、普通科を圧倒していました。


メロンの仲間の『真桑瓜(まくわうり)』を

漬け物にしたり、香料にしたりして

様々な用途に活用しようという内容でした。

さすがにソツなくまとまっていました。

プレゼン方法、内容、共にハイレベルだったと思います。





その3『美濃和紙を使用したハンカチ』

発表者:林里帆さん(県立岐阜商業1年J組)


d0237121_18395814.jpg

河端さんに続き、県岐商の1年生が登場。

学校のレベルの高さが窺われます。野球だけじゃない!


内容は、世界無形文化遺産に登録された

美濃和紙を使った新たな商品を産み出そうというものでした。

美濃市へ行って実際に紙漉の様子を取材したり

女子高生の感性を生かした『かわいいハンカチ』を追求したりと

コンテストの趣旨に合致した、よいプランだったと思います。





その4『若返り酵母入り入浴剤&ハンドクリーム』

発表者:大垣養老高校食品化学班


d0237121_18402481.jpg

西濃に覇を唱える農業高校、大垣養老高校が満を持しての登場です。

導入部分では『養老の滝伝説』について

昔話風のコスプレをした女子生徒が説明して掴みはOK。


養老の滝伝説とは、かいつまんで言えば

『滝の水がお酒になって、それを飲んだらお爺さんが元気になった』

というものなのですが

その伝説からヒントを得て

養老の滝から酵母を採取し

その酵母で酒・入浴剤・ハンドクリームを製造し

『若返り』をキーワードにして販売しようという

農業高校の技術と地域の伝承を見事に生かしたプランでした!



実際に滝から採取した酵母から酒を造り出すという

「もしかして……養老の滝伝説は実話だったのでは!?」

と思わせるロマン溢れる発表は

とても夢があり、ビジネスとしても成立しうると思いました。

よってこの発表を『特別審査員賞』に選ばせていただきました!

いずれ詳しく取材したいところです。





その5『円空のもちもちシフォンケーキ』

発表者:佐藤百合さん・山田愛祐実さん(関有知高校)


d0237121_18405785.jpg

『円空いも』という、関市特産のサトイモから

もちもちした食感のシフォンケーキを作ろうというプランです。


実際に完成したシフォンケーキを会場で振る舞うなど

とてもインパクトのある発表になっていました。

そしてなにより、シフォンケーキの食感が新しい!

「もちもち」というより、もはや「とろ~」っという感じで

確かに原料のサトイモの味と食感が残っていました。


この発表は、審査員長の長谷川豊さんが高得点をつけられ

『審査員長賞』に輝きました。





その6『宿儺(すくな)かぼちゃドーナツ』

発表者:小森真希さん(県立岐阜商業2年D組)


d0237121_1841232.jpg

三度、県岐商の登場です。野球部と同じく層が厚いですね。

発表の内容は、飛騨地方で栽培されている

ヘチマみたいな形をしたカボチャを使って

ドーナツを作ろうというものです。


ドーナツの製法や、細かな原価計算等

非常によくまとまった発表だったと思います。

ぜひ食べてみたいですね。





その7『おさかなカバン(あゆ)』

発表者:岩田悠子さん(県立岐阜総合高校マルチメディア部)


d0237121_18413974.jpg

この発表はタイトルそのまま

「鮎の形をしたリュックを作って売ろう!」というプランです。


「キモかわいい」をキーワードに

魚の形をしたバッグをデザイン。同級生にアンケートを取るなど

イロモノかと思いきや、しっかりとした発表でした。


女子高生らしい感性と

岩田さんのキャラクター(?)が好評を博し

会場の投票で1位を獲得! 見事グランプリに輝きました。

d0237121_1846965.jpg

なお、この発表も、岐阜県を象徴する魚である鮎を使い

岐阜そのものをアピールしようという志の高さを評価し

『のうりんチョコクランチ』を勝手にプレゼントさせていただきました。





その8『アイスから始まる地域貢献』

発表者:岐阜農林高校動物科学科加工班


d0237121_18424591.jpg

この発表は、これまでの発表とは違い

農業系のコンテストで数々の賞を受賞している発表で

既に商品として実際に県内各地で販売されています。


実は『のうりん』ともコラボをした経験があり

そういう意味では「殿堂入り」というか

格が一つ違ったと思います。


なお、発表の内容である『岐農乳アイス』については

こちらの記事をご覧ください。

※参考:FC岐阜コラボと大収穫祭





その9『三角トイレットペーパー』

発表者:松田志穂さん(関市立関商工高校)


d0237121_1844260.jpg

トイレットペーパーには

適当な長さで切断できるように

ミシン目が入っていますが

そのミシン目の形を三角形にすれば

手で破った後も綺麗に見える! という発想のプランです。


しかしそれだけではなく

ミシン目を入れる間隔を詰めることで

トイレットペーパーの使用量を減らし

地球環境にも配慮することができる……

そんな壮大な発表へと繋がっていきました。


この発表の『世界を救うぞ!』という志の高さは

もはや岐阜がどうこうというレベルではなく

感動して『のうりんチョコクランチ』を渡してきました。





その10『ポップコーンで地域を爆発!?』

発表者:加茂農林高校『GAl’s Popcorn』


最後に登場したのは……加茂農林!

もう自分の母校が登場したかのようにハラハラします。


そのハラハラ感は現実のものとなり

いきなりやらかしてくれました。


まず、『ガールズポップコーン』

というユニットを作っているのにもかかわらず

発表者として登場したのが男子という点に驚愕。


d0237121_1845551.jpg


続いて登場した女の子は双子という謎のサプライズも交えつつ

『東京ポップコーン戦争』という

架空の戦史を語り始めます。なんだこれ!?


d0237121_18444861.jpg

こんなわけのわからない発表をするのは・・・

そう、林科です。F組のFはポップコーンのF!



衝撃の導入部分から一転、内容は非常に真面目でした。

耕作放棄地を使ってトウモロコシを生産し

それをポップコーンに加工して売ろうというもの。


加工用のトウモロコシは海外からの輸入品が多く

国産のものにはそれだけで価値があります。

また、耕作放棄地減少に役立つという

ストーリー性も加味されています。

既に東京にある、とある企業と

商談も終えており(どこかはまだ秘密!)

今年中には試験的にポップコーンが販売されるとのこと。


ポップコーンという商品に派手さはありませんし

地域の特産品を使っているわけでもありませんが

栽培が比較的容易なトウモロコシを選んだのは

非常に現実的で、農家には参入しやすいと思います。

既に取引先を見つけてきている点も素晴らしいです。

参入する農家にとって最もリスクが少ないプランで

私の採点では、この発表は2位でした。


発表内容とプレゼン方法の独特さから

大垣養老高校と、どちらに特別審査員賞を授与するか

かなり悩みましたが……

途中でいきなり始まったショートコントで笑いが取れていたら

逆転していたかもしれません。

d0237121_18454743.jpg

ポップコーン、加茂農林の新たなる名物になって欲しいと思います。

最近の林科は色々とアグレッシブに頑張っててすごい!




以上、10のプランを簡単にご紹介させていただきました。

発表終了後には、審査員長の長谷川さんによる

プレゼンテーションについての講演会もあり

とても勉強になったのではないかと思います。


私も壇上で少しお話しさせていただく機会がありましたが

内容もまとまらず、噛み噛みで恥ずかしかったです……。

ああいう場所でしっかりと自分の意見を言えるだけでも

本当にすごいことだと思いますので

受賞を逃した発表者の皆さんも

どうか自信を持って、さらにプランを磨いていってください!



次回更新は3月10日を予定しています。

『のうりん10』も、3月発売予定! よろしくおねがいします。

[PR]
by thurinus | 2015-02-20 20:00 | SS

第57回 スタンプラリー第3期

今回も切羽詰まってるので宣伝だけで失礼します!


『みのかもまるっとスタンプラリー第3期』
 はじまりました!!

d0237121_191866.jpg




期間:1月9日~2月28日

今回の景品は、『のうりんウッドプレート!』

d0237121_1924164.jpg


岐阜県の間伐材(森を綺麗に維持するために切った木材)を使用しています!

加工には、加茂農林の卒業生さんも関わってくれたとの事で、個人的にもすごく嬉しいです。

穴が開けてあるので紐を通して飾ることもできますし

ソーサーとしてもご利用いただけます。




さらに、1月は『おみくじ』も引けます!

d0237121_195525.jpg



スタンプを集めて景品と引き換える際

お正月っぽくおみくじをお引きいただけます。

d0237121_191205.jpg


文案は原作者が考えましたので

ありがたみには欠けるかもしれませんが(笑)

登場キャラから今年の運勢についてコメントが!

d0237121_1981722.jpg


大吉~大凶まで七種類! ぜひ運試ししてみてください(^^)


d0237121_19113578.jpg



さらにさらに、1月31日(土)は

原作者が『一日観光案内所長』として

観光案内所で働かせていただきます!

9時から15時まで時間いっぱい働きますので

ぜひ遊びに来てください(^^ゞ


観光案内所では

『のうりんチョコクランチ』の新作も販売しています!

d0237121_19151856.jpg


『ストロベリー』と『ホワイトチョコ』が追加されました!

3つ集めると『御札』がもらえる企画もやっています。

d0237121_19161075.jpg


なお、チョコクランチは美濃加茂市内のサークルKさんなどでもご購入いただけます。

その際、購入を証明できるもの(レシート等)を観光案内所までご持参いただければ

観光案内所で御札をもらうこともできます。

例えば、サークルKさんで『ストロベリー』を買って

そのレシートを持って観光案内所で『チョコ』と『ホワイトチョコ』を買うと

御札がもらえるというシステムです。

ですから、レシートを捨てずに保管しておいてくださいね!

d0237121_19273336.jpg






もう一件、お知らせがあります。

岐阜県商工会議所青年部連合会さまが主催する

『ビジネスプランコンテスト』に、審査員として出席させていただきます。


Jr.BPCのサイト


岐阜県の高校生や大学生、専門学校生等を対象としたコンテストで

約900プランの応募があったそうです!

決勝大会は2月14日に関市のJAめぐみの2階大ホールで行われますので

来月のブログでは、その様子をレポートさせていただく予定でおります。

なお、決勝大会は入場無料ですので

お近くの方はぜひお越しください。

スマホをお持ちの方には審査に加わっていただくこともできます!


そんなわけで

更新は2月20日ころを予定しております。
[PR]
by thurinus | 2015-01-10 20:00 | SS

第56回 平成26年度緑園祭&スタンプラリー2期

※今回は年末&10巻作業のため大忙しなので
 コメントと写真のみになります。




 平成26年度緑園祭が11月22日(土)に行われました。

 毎年日曜日に開催されていましたが

 今年は文化祭の関係などで日曜日になったようです

 天気は晴天。お客さんも毎年のようにいっぱいでした!




d0237121_12463131.jpg

 朝の学校。既に準備が行われています



d0237121_12463842.jpg

 野菜専攻さんのチラシが! のうりんとコラボってます



d0237121_12464829.jpg

 正門が綺麗に飾り付けられています。農業高校ならではですね



d0237121_1247089.jpg

 メロンの列。開始一時間近く前でこの行列です



d0237121_1247650.jpg

 毎年います。最後尾くん



d0237121_12471598.jpg

 野菜専攻の皆さん! とても嬉しいのうりん押し



d0237121_12472540.jpg

 このように記念撮影もしていただけます。お祭りですね



d0237121_12473450.jpg

 売り子。のうりんの幟を持っています



d0237121_12474163.jpg

 他の学科も売り子!



d0237121_12475030.jpg

 ウサギとも触れ合えます



d0237121_12475868.jpg

 ワラビー班は集まって何やら会議中?



d0237121_1248641.jpg

 生徒会役員はサンタの格好で緑園祭パンフを配り歩きます



d0237121_12481450.jpg

 まだ緑園祭は始まっていません!



d0237121_12482996.jpg

 開始直前。号砲の準備をしています



d0237121_12483624.jpg

 パーン! と号砲が鳴って、緑園祭スタートです!



d0237121_12485025.jpg

 手際よく販売が始まり、どんどん列が進みます



d0237121_12485868.jpg

 後ろにはこんなに並んでいます



d0237121_1249724.jpg

 メロン大玉1000円、小玉800円



d0237121_12491828.jpg

 出荷だー!



d0237121_12492973.jpg

 豪華な袋がサービス! そして・・・



d0237121_12494299.jpg

 箱にはのうりんシールが!!

 糖度14度近い、とても美味しいメロンでした

 9月くらいからシールの準備等をして

 とうとうこの日、販売していただくことができました!

 



d0237121_12495316.jpg

 次は生工のパンに並びます。こちらもすごい列です



d0237121_125028.jpg

 流通科学科ではのうりんチョコクランチの発売も!



d0237121_12501152.jpg

 お一人様一つでお願いしましたが、完売してくれました!



d0237121_1250215.jpg

 岐阜農林の岐農乳アイスも販売



d0237121_12503186.jpg

 大垣養老のウスターソースや郡上高校のヨーグルトなども販売



d0237121_1250399.jpg

 F組の伝統、燻製



d0237121_12505160.jpg

 今年から始まったドジョウすくいは子供達に大人気!



d0237121_12505844.jpg

 木のブランコはあっというまに完売です



d0237121_1251818.jpg

 これも今年初めて見ました。かわいい



d0237121_12511880.jpg

 F組展示。環境への取り組みで数多くの賞を受賞しています



d0237121_12512897.jpg

 造園科の屋内庭園



d0237121_12513897.jpg

 OB販売の鮎飯と松茸飯



d0237121_12514865.jpg

 この日はとても暑かったので、生徒たちがアイスに群がります



d0237121_1251597.jpg

 生産の餅つきが始まりました! 餅は無料配布されます



d0237121_12521090.jpg

 一方、メロンと野菜は完売!



d0237121_12521862.jpg

 ファンの方が幟を差し入れてくださいました!



d0237121_12523218.jpg

 一番人気、生工のジャム待機列。開始1時間後でも、これ・・・



d0237121_12524110.jpg

 今年はゆるキャラが多数参戦。これは「ひだもも」ちゃん



d0237121_1252519.jpg

 愛くるしい



d0237121_1253013.jpg

 「ひだくろ」くんも人気です。意外とスタイルがいいです



d0237121_1253877.jpg

 F組の原木マン? しいたけの原木を持ってPR



d0237121_12531966.jpg

 ブラスバンドの演奏



d0237121_12533253.jpg

 うさぎのふれあいコーナーには子供達が大集合!



d0237121_12534348.jpg

 ワラビー班はアンケートを取っていました。キーホルダーを作って販売を目指します



d0237121_12535646.jpg

 天気がいいのでワラビーたちも顔を見せてくれています


d0237121_1254485.jpg

 じゃれあうワラビー


d0237121_12541281.jpg

 三匹が揃ってカメラに収まってくれるのは珍しい
 


d0237121_12542288.jpg

 造園科のCAD体験に誘われました。なぜか犬を持っています


d0237121_12543196.jpg

 産振北棟の一室に誘われます
 

d0237121_12544127.jpg

 パソコンで庭を造ってみよう! というコーナー


d0237121_1254506.jpg

 石とキャベツの庭ができました

 
 作ったデータは印刷して持って帰ることができます


 誘ってくれた生徒さんは、造園業への就職が決まっていて

 庭を造るのが大好きだとのこと

 素人の私にも、我慢強く付き合ってくれました。ありがとうございます!




d0237121_12551685.jpg

 農業機械の展示

 地元若手農家グループ「美濃加茂ファーマーズ倶楽部」さんのご協力

 私も生徒さんと一緒に農作業で乗った事があります



d0237121_12553028.jpg

 農業クラブの企画「野菜の輪投げ」



d0237121_1255397.jpg

 ミニ農鑑は毎年恒例。意外とレベルが高いです



d0237121_12554746.jpg

 実行委員会テント



d0237121_12555664.jpg

 スタッフはお揃いのジャケットを着用
 


d0237121_1256580.jpg

 生徒会の風船すくいも恒例



d0237121_12561325.jpg

 体育会では1年生の展示が!



d0237121_12562457.jpg

 今年の流行を大胆に取り入れた展示



d0237121_12563445.jpg

 美術部には絶対ラブライバーがいる



d0237121_12564621.jpg

 窓には各クラスによる「ステンドグラス」が展示されています



d0237121_12571560.jpg

 裏門にもモニュメントが。キノコと牛?



d0237121_1257237.jpg

 放送同好会による「のうりん」を題材にしたドキュメントの放映



d0237121_12573295.jpg

 生工の展示では子供に大人気のカルメ焼きが復活!!



d0237121_12574213.jpg

 大学と共同で実験するなど、レベルの高い研究が行われています



d0237121_12575312.jpg

 バイオ女子の皆さんが展示について丁寧に説明してくれます


 
d0237121_1258290.jpg

 生産科学科のブースでは、のうりんについても展示をしてくださいました!



d0237121_12581323.jpg

 午後に入り、碁盤乗りの準備が行われます



d0237121_12582114.jpg

 碁盤が置かれました。お客さんも集まりつつあります



d0237121_12582942.jpg

 まずは「きよら号」の出番



d0237121_12583867.jpg

 あっさり乗りました。日頃の練習の成果ですね!



d0237121_12584765.jpg

 すごい人だかり!!



d0237121_1259398.jpg

 二頭同時の碁盤乗りに挑戦



d0237121_12591057.jpg

 これも成功! 拍手が起こります



d0237121_12592247.jpg

 これで三年生は引退。後輩達から花と感謝の言葉が贈られます




 今年の緑園祭も大盛況!
 
 のうりんファンの方々も多くご参加くださり

 声を掛けていただくことも多かったです

 お越しいただいた皆さま、生徒の皆さん、どうもありがとうございました!!




 

d0237121_12595412.jpg

 さて、次は『美濃加茂まるっとスタンプラリー』の第二期に参加します
 
 

 
d0237121_130388.jpg

 第二期のスタンプ台紙は農のイラストが目印!



d0237121_1301072.jpg

 来るたびに物が増えている案内所



d0237121_1301939.jpg

 ファンの皆様が色々と置いていってくださいます



d0237121_1302573.jpg

 大阪からいらしたファンの方が景品のティッシュボックスをゲット!

 数年前の郡上の読書会から来てくださっていますが

 こういった熱心なファンの方々に支えられて

 のうりんを続けられる事に、ただただ感謝です。ありがとうございます!



d0237121_130343.jpg

 私もスタンプを集めてティッシュボックスをいただきました



d0237121_13041100.jpg

 帰ろうとすると、観光案内所前に不思議な車の数々が・・・



d0237121_1305139.jpg

 ベッキーの痛車!



d0237121_131628.jpg

d0237121_1311570.jpg

 すごく手が込んでいます



d0237121_131228.jpg

 サインさせていただきましたが、マジックで書いちゃって大丈夫かなぁと心配に




 スタンプラリーはまだまだ続きます! ぜひ美濃加茂にお越しください。

 次回更新は1月10日を予定しています。

[PR]
by thurinus | 2014-12-10 21:00 | SS

第55回 スタンプラリー、カフェ、緑園祭

耕作「秋は収穫祭の季節! 岐阜県内でも様々な行事が企画されてます!」

林檎「全国ヘボの巣コンテストとか?」(全国ヘボの巣コンテストの様子

耕作「5040gの蜂の巣とか、どんだけでかいねん! まあヘボの巣コンテストもですけど、ぼくらが絶対に外せないのは・・・こちら!!」


d0237121_12101044.jpg



耕作「平成26年度『緑園祭』です!!」

林檎「『のうりん』原作9巻で登場した、農業高校の学園祭ね」

耕作「去年はアニメのPRとして主演声優の浅沼さんにご出演いただくなど、非常にフリーダムな学園祭です。公立高校の学園祭とは思えないほどフリーダムで、売る物がなくなったらその場で終わるというね」

林檎「今年ものうりん関連で何かやるの?」

耕作「まーアニメが終わっちゃったから去年ほど大がかりな事じゃないけど、今年は生徒さんがやってくれます!」

林檎「生徒が?」

耕作「まず流通科学科! 8月31日にFC岐阜イベントで販売に来てくれた3Dの生徒さんたちが、『のうりんチョコクランチ』を緑園祭で販売してくれます!」

林檎「ええ!? 美濃加茂市に支社がある金山製菓さんが作ってくれて、美濃加茂市観光案内所ほか市内各地で絶賛発売中の『のうりんチョコクランチ』を!?」

耕作「ありがとう詳しい説明ありがとう。仕入れの実習の一環として、校内の直売所『グリーンショップかものう』で販売してくださるとのことです」




d0237121_12315791.jpg

チョコクランチ。日持ちするのでお土産に最適!



d0237121_12311023.jpg

FC岐阜コラボイベントでの販売の様子



d0237121_12311945.jpg

流通科学科3年生の皆さん



林檎「他にも、加茂農林の校章が印刷されたおせんべいとか、他の農業高校の作ったヨーグルトとかウスターソースとかユニークな商品が買えるのよね?」

耕作「ありがとう詳しい説明ありがとう」

林檎「他には?」

耕作「ぼくら生産科学科栽培専攻のモデルになってる野菜専攻の生徒さんたちが、のうりんのシールを貼ったメロンや野菜を販売してくれます!」



d0237121_12331231.jpg

キュウリ定植の様子



d0237121_12332934.jpg

この苗を植えていきます



d0237121_12335540.jpg

ぺたぺた植える



d0237121_12341262.jpg

すぐに水やり



d0237121_12343196.jpg

手は泥だらけ!



d0237121_1235360.jpg

陽気な野菜専攻の皆さん



d0237121_12354522.jpg

一ヶ月ほどで直売所に並び始めます



d0237121_1235559.jpg

こんなシールを貼ってくれています!



耕作「8月頃から準備して、キュウリはもうこうやって直売所に並んでます」

林檎「去年のメロンは美味しかったわ・・・」

耕作「メロンはねー、難しいからねー」

林檎「毎年すごい行列よね?」

耕作「9時30分から緑園祭は始まりますが、ぶっちゃけその時間に来てたらいいものは買えないからね!」 



d0237121_1232412.jpg

毎年登場、メロン最後尾看板



d0237121_1236368.jpg

この箱にシールを貼ってもらいます!



林檎「他には何かイベントないの?」

耕作「11月12日より、のうりんスタンプラリー第2期が開始されます!」

林檎「市内のお店を回ってスタンプを押してもらうと、観光案内所で景品が貰えるのよね?」


d0237121_221692.jpg

第2期の景品は『ティッシュボックス』!



耕作「和菓子屋さんとか蕎麦屋さんとか、あとは中山道会館や昭和村みたいな観光スポットでもスタンプをおしてもらえるので、美濃加茂観光も一緒に楽しめちゃうというね。観光客の皆様にも大変楽しんでいただいております」

林檎「第1期から、けっこうお客さんが来てくれたみたいなの」

耕作「アニメも終わってしばらくたつし、ぶっちゃけ誰も来ないんじゃないかと心配してたけどね。かなりの方々にご参加いただいております」



d0237121_12372542.jpg

美濃加茂のシンボル、シティーホテルも参加店舗



d0237121_1238711.jpg

駅を出て左手に行くと、ハンバーグが話題のトム’惣YAさんが



d0237121_12384810.jpg

駅から真っすぐ行って最初の信号を左に行くと、金蝶堂さんが



d0237121_12383438.jpg

市役所前の満つ葉さん



d0237121_12401382.jpg

中山道沿いの蕎麦屋、太田の渡しさん



d0237121_12404015.jpg

その正面にある魚徳さん。鮎の甘露煮が美味!



d0237121_12412482.jpg

中山道会館では美濃加茂の野菜も買えます



d0237121_1242560.jpg

スタンプ台紙や景品の引き換えは美濃太田駅1階の観光案内所にて



耕作「第1期はポストカードセットだったけど、第2期の景品はティッシュボックス! もちろん非売品です」

林檎「あと、お米も」

耕作「はいはいお米ね。もう販売は始まってますが、JAめぐみの様による『のうりんパッケージ米』も観光案内所にてお買い上げいただけます!」


d0237121_12422596.jpg



林檎「ついに萌え米参戦・・・」

耕作「銘柄は岐阜県が産んだ『ハツシモ岐阜SL』! 幻の米として珍重されるハツシモを、岐阜県農業普及センターの技術によって耐病性を高めた、まさに岐阜の農業技術の粋を結集したお米なのです!」



d0237121_12433388.jpg

農業普及センターにて開発されました



d0237121_1244054.jpg

毎日研究が行われています



林檎「美濃太田駅長鉄ホームでサイン本も売ってるの」

耕作「品薄でご迷惑をおかけしていましたが、入荷しておきました! 駅の1階にある観光案内所には作者自作の消しゴムスタンプも置いてあるので、もう本をお持ちの人は持っていって押してもらうと記念になるんじゃないかな?」

林檎「長鉄ホームは入場にお金が掛からないので、お気軽にお越しくださいー」



耕作「さらに名古屋でも『のうりんカフェ』が11月8日~30日までの期間で開催されています!」

林檎「『名古屋の秋葉原』こと大須でやってるのよね?」

耕作「名古屋駅からだと地下鉄かバスで移動になるね。最寄り駅は鶴舞線の『大須観音』か、名城線の『上前津』です。赤門通りにある『グッドウィル』っていう電機屋さんの中でやってるので、ちょっと作者も行って来ました」



d0237121_12453411.jpg

大須ではお馴染みのお店です



林檎「完全に仕事帰りのリーマンって感じだったわね」

耕作「仕事帰りのリーマンだったからね! ドリンクやスイーツだけじゃなくてカレーとかもあったから、お食事もできますよ♪」

林檎「2階の展示も面白かったし、物販も充実してるの」

耕作「大須に遊びに行った際には、ぜひお立ち寄りください!!」



d0237121_1246389.jpg

カフェ入口(許可を得て撮影させていただきました)


d0237121_1247265.jpg

カフェ内部。可愛らしいメイドさんに接客していただけます


d0237121_12473173.jpg

キャラに関連した様々なメニューが有ります


d0237121_12474911.jpg

2階の展示スペース



d0237121_1248651.jpg



d0237121_12481912.jpg






林檎「なんだか急にイベント盛りだくさんね」

耕作「11月22日は三連休の初日だからね。まず午前中は緑園祭に行って、午後はそのまま美濃加茂でスタンプラリーに参加しつつ聖地巡礼して、それから例えば高山に行って『氷菓』の聖地巡礼をするのも面白いと思うよ!」

林檎「岐阜に戻って『河合荘』とか『はがない』の聖地巡礼をしつつ、名鉄岐阜駅前で献血して『のうりん献血コラボポスター』をもらうのもいいと思うの」

耕作「そこから名古屋へ行って、大須の『のうりんカフェ』を楽しめば完璧な三連休だね!」

林檎「11月の三連休は、のうりん尽くしでよろー」



緑園祭は11月22日(土) 9:30より行われます

どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください

次回更新は12月10日を予定しております

[PR]
by thurinus | 2014-11-10 20:00 | SS

第54回 献血コラボ第2弾!!

d0237121_12372295.jpg

良田「今回は献血の話だ!」

40「前にも一回やったよね~?」

良田「そのとおり。前回の『のうりん×献血キャンペーン第1弾』は平成26年4月9日~6月30日までの約3ヶ月間行われた」

40「献血してくれた人に、ポスターとしおりをプレゼントしちゃったゾ♪」

良田「その結果、1218名もの方々にキャンペーンに参加していただいた!」

40「すごーい!」

良田「そういうわけで、9月1日から11月30日まで新たに第2弾を行うことになったのだ!」

40「今回はヒロイン四人の書き下ろしポスターで勝負しちゃうゾ♪」

良田「既に8月31日、FC岐阜のホームゲームにて先行配布を行ったが、そこでも4時間で67名もの方々にご協力いただいた! 上々の滑り出しだ!」


d0237121_1238129.jpg



d0237121_12381650.jpg

40「で、今日は岐阜市の『あかなべ献血ルーム』に来たんだよ~」

良田「ここでは採血だけではなく、血液事業の大切な様々な仕事が行われている。今回はそういった部分もご紹介させていただこう」



d0237121_12384916.jpg

d0237121_12385977.jpg

d0237121_1239913.jpg


40「うわぁ~! ロビーも広くて綺麗~♪」

良田「『献血』と聞くと病院っぽい感じを受けるかもしれませんが、このようにリラックスして読書や喫茶を楽しめるスペースになっているのです。最新の新聞・雑誌・テレビもあります」

40「お菓子もジュースも無料なんだね~」

良田「献血にご協力いただけば、他にもお土産をもらうことができます」

d0237121_124231.jpg


40「どうしてこんなにサービスしてくれるの~?」

良田「献血者数の低下を食い止めるためです」


d0237121_12393980.jpg


良田「ご覧いただけば一目瞭然。若年層の献血者数は下降の一途をたどっています」

40「うわー・・・でもでも、高齢化の影響なんじゃないの~? 先生だって昔は若年層だったんだゾ!」

良田「確かにそういう面もあります。しかし岐阜県内の全献血者数を比べてみても、十年前と今とでは大きな開きがあります」

d0237121_1240274.jpg

黄色い棒グラフが献血者数。昨年は一気に前年比半分以下になっています


40「ちょっと前はすごく高かったけど、去年は一気に落ちてるね~? 何があったの~?」

良田「最近までは東日本大震災の影響で高い献血者数を維持できていました。震災直後は行列ができるほどの状況だったのですが・・・」

40「でもでも、こんなにいっぱい献血してくれたなら、この時に貯めた血液があるんじゃないの~?」

良田「残念ながら・・・血液は保存ができないのです」

40「ええ~!?」


d0237121_12444237.jpg

最も保存期間が短い血小板。なんと採血後4日間しか保存できません!



良田「ですから一気にたくさん献血をしても、血が無駄になってしまいかねない。継続的に血液を確保できるようにせねばならないのです」

40「リピーターを確保しないといけないんだね~」

良田「そして若いうちから献血の習慣をつけてもらう事が一番なのですが・・・」


d0237121_12402121.jpg


良田「こちらが、全国における十代の献血率です。岐阜県は3.7%

40「栃木とか、あと東北が軒並み高いね~。岐阜は平均以下か~・・・」

良田「東海北陸は全てが全国平均以下。特に三重はダントツの最下位です」

40「やばいよ~・・・やばいよ~・・・」


d0237121_12405042.jpg


良田「こちらが二十代のデータです。何と岐阜県は下から二番目という屈辱!」

40「岐阜もヤバいけど三重もヤバいよ~・・・」

良田「そして隣の県だからと安心してもいられないのです」

40「どういうこと~?」

良田「実は現在、血液行政はブロック制を取っています。岐阜県だけではなく『東海北陸ブロック』を一つとして活動しています」

40「岐阜、愛知、静岡、三重、福井、石川、富山の七つだね~」

良田「その中心部に位置する愛知県瀬戸市(岐阜と愛知の県境)に『東海北陸ブロック血液センター』を建造し、現在、そこで七県で採血した血液を検査・製剤した上で、七県に分配しているのです」

40「え? じゃあ・・・献血数が少ないところは、多いところに迷惑かけちゃうってこと~?」

良田「そう! ですから各県は『自分で使う分くらいは自分で確保しよう』という意識で頑張っているのです!」


d0237121_1247975.jpg

献血運搬車。緊急時には赤色灯を回して走ることができます



d0237121_1247255.jpg

適温で保存される血液



d0237121_12475126.jpg

血液型ごとにラベルが色分けされ、絶対に間違わないよう工夫されています



d0237121_12501187.jpg

運搬中も冷やしておきます



d0237121_12505567.jpg

血漿製剤は-20度以下で保存!



d0237121_12514298.jpg

運搬もドライアイスで冷やして行います



良田「全国で一年間に輸血で救われる患者さんは約120万人。1日に3300人の方々が血液を必要としていますが、このペースで少子化が進んでいくと、2027年には約101万人分の血液が不足すると予測されています」

40「お年寄りほど輸血を必要とするようになるもんね~。先生も老後を考えると怖くなるよ~・・・」

良田「輸血を必要とする患者さんの85%は50歳以上ですからね」

40「こ、こわい・・・! 歳を取るのが怖い・・・!!」

良田「このまま少子化が進めば、若者の献血率を維持することができても、絶対数が不足してしまいます。より多くの若者が献血してくれるようにせねばならないのですが・・・」

40「先生が学生の頃は、学校に献血バスが来たりしてたけどね~? 最近はやらないの~?」

良田「生徒に何かあった時に問題になるおそれがあるので、最近はあまり行われていないそうです」

40「う~ん・・・まあ確かに教師の立場からすると怖いよね~」

良田「献血は安全な量でしか行われませんが、献血後はやはり身体を休めたほうがいいですからね。午後から体育や実習、部活がある学校では、やはり難しい部分もあるかと思います」

40「献血ルームの営業時間もあるし、学生さんはどうしても休日にしか来られないかな~」

良田「とはいえ献血に必要な時間は1時間以下、平均して40分程度です。400ml献血でも、実際に血を抜いてる時間は6分くらいのもの。それほど時間はかかりません」

40「岐阜まで遊びに行ったついでとか、映画の待ち時間とか、そういう時間を上手に使えばなんとかなりそうだよね~?」

良田「岐阜県は東海北陸ブロックの中で唯一、七つのうち六つもの県と接している。血液センターもすぐ近くだ。もし何かがあったとき、岐阜で多くの血液が用意できる態勢が整っていれば、かなり迅速に動く事ができるだろう」

40「御嶽山の噴火もそうだったけど・・・本当にいつ、どこで、何が起こるかわからないから・・・」

良田「岐阜県ではアニメ『氷菓』からアニメと献血のコラボ事業を開始し、確かな成果を挙げています。二度目の企画である『のうりん』でも多くの方にご協力いただいています」

40「これを切っ掛けに献血してくれた人たちが今後も献血してくれるといいよね~」

d0237121_12424384.jpg

事務室で管理されている『のうりん』コラボポスター。出番を待っています


d0237121_12431061.jpg

献血バスの予定表。かなりびっちり書き込まれています



良田「そのためにも、今後もこういった企画を継続することが大切でしょう」

40「岐阜って意外とアニメとかラノベとかの舞台になってるもんね~。田舎だからこそ、そういう資源を有効に活用しないと~」

良田「『僕は血液が少ない』とか」

40「『僕らはみんな血が足りなさ荘』とか~?」

良田「最近のラノベだと『女騎士さん、献血行こうよ』とか」

40「四、五年くらい何とかなりそうだよね~」

良田「献血とアニメのコラボもいいが、例えば岐阜県を舞台にした映画や一般小説にまで範囲を伸ばすというのはどうか」

40「イケメンのポスターとかも欲しいかも~♪」

良田「美少女のポスターはもうあります。『岐阜美少女図鑑』とのコラボポスターが、現在岐阜駅や岐阜市内に掲示してあります」

40「え!? じゃあ先生もいずれポスターになっちゃうの~?」

良田「・・・・・・」



d0237121_1311176.jpg

岐阜駅に掲示してある岐阜美少女図鑑とのコラボポスター



良田「あと、ゲームもいい。岐阜には世界に誇る『日本一ソフトウェア』があります。ゲームとコラボして、献血したらゲーム内で使えるアイテムがもらえるとか」

40「そういうの楽しいかもね~!」

良田「我々若者が献血をする習慣を付ければ、これから何十年間も献血をし続けてくれる可能性があります。そして次の世代にも、その習慣を伝え続ける可能性がある。きっかけは何でもいいので、ぜひ献血ルームを訪れてみて欲しい!」

40「中年だって負けないゾ☆」




のうりん×献血コラボは11月30日まで。ぜひ献血にご協力ください!

取材をさせていただいた岐阜県赤十字血液センターの皆さま、どうもありがとうございました。


次回更新は11月10日を予定しています

[PR]
by thurinus | 2014-10-10 06:30 | SS

第53回 FC岐阜コラボと大収穫祭

d0237121_1341172.jpg




耕作「今回は8月31日に行われた『FC岐阜×のうりんコラボ』と」

林檎「9月7日にさいたま市文化センターで行われた『のうりん大収穫祭』のレポートなの」

農「どっちもどえらー盛り上がったやら!!」

耕作「まあ写真の関係上レポート記事は主にFC岐阜コラボのほうに偏っちゃうんだけど、当日の盛り上がりをぜひ感じていただければと思います!」



d0237121_1341144.jpg


林檎「ここがサッカーのスタジアム?」

耕作「そう! 岐阜のスポーツの聖地『長良川メモリアルセンター』だよ」

農「中学校とか高校とか、県大会はだいたいここでやるやら!」

耕作「左側に見える白く曲線を描いている建物が会場になります。さっそく行こう!」



d0237121_13413087.jpg


耕作「スタジアム脇ではコラボグッズの販売が行われていました」

林檎「あ、わたしだ」

農「リンゴっちだけずるいー!!」

耕作「タオルマフラー、Tシャツ、ステッカー、ポスターが販売されました。どれも大好評で、販売開始前からたくさんの人が並んでくれたんだよ!」

林檎「雨が降ったけど、それでも並んでくれてたの」

農「ほんと、ありがとうござ・・・んんっ!? な、なんやのこれは!?」



d0237121_13415136.jpg



林檎「・・・ふぃぎゅあ?」

耕作「あー、これは愛知県一宮市のPulchra(プルクラ)さんで製作中の『ベッキー スケールフィギュア』だね」


プルクラさまのブログ


農「っていうか怖ぁ! 足下の取り外しパーツが生首みたぁで怖ぁ!!」

耕作「この日は展示のみでしたが、着々と製作進行中だよ!」


d0237121_134545.jpg


林檎「あと、『もえたま!』も売ってたの」

耕作「そうそう! 岐阜県大手の鶏卵会社で、FC岐阜のスポンサーでもある『タックジャパン』さまのご厚意によりまさかの商品化! こちらも大好評でした」

農「お嬢が写っとる! 目立っとる! ずーるーいー!!」

耕作「まあまあ。おまえもそのうちもっと目立つから・・・」

農「ほえ? 何かあたしの限定商品とかあるの?」

林檎「あるわけないじゃないの?」

農「ぶー!」

耕作「さて次は作者の講演会『サッカーラノベを書いてみよう』のレポートですが」

林檎「FC岐阜の恩田社長やGA文庫の編集さんも交えて、たのしくお話しできました」


d0237121_13455298.jpg

参加者は60人ほど。プレス席で行われました


d0237121_1346757.jpg

恩田社長からは「フォーチュン・クエストを読んでました」という力強い言葉が



農「え? ほんだけ?」

林檎「講演中の写真とか撮れないし・・・」

耕作「あとはそうだね、作者の出身高校でデビュー作『らじかるエレメンツ』の舞台になった学校の生徒さんが制服姿で聞きに来てくれた事かな。嬉しかったです」

農「ほ、ほんな個人的な話をされても・・・」



d0237121_13471470.jpg


耕作「さあ! 3時を回って、屋台村が盛り上がって参りました!」

林檎「FC岐阜のスタジアムご飯(スタ飯)は美味しいって評判なのよね?」

農「うわー! 飛騨串とか『たじみそ焼きそば』とか、岐阜のうまぁもんが勢揃いやら!」

耕作「この日は作者の実家がある多治見市(日本で二番目に暑い街)のホームタウンデーってこともあって、多治見市の萌えキャラ『やくならマグカップも!』のブースも出てたね」

林檎「その隣にちゃっかり出店してるのって・・・」


d0237121_13472834.jpg


農「美濃加茂市や! だ、大丈夫やのこれ? 多治見の人に怒られへんの?」

耕作「何かもう『市町村というよりアニメのブースとほとんど一緒』って理由で許可されたみたいです」

林檎「なにその理由・・・」

耕作「この日は美濃加茂市限定商品『のうりんチョコクランチ』を特別に出張販売! 多くの方にご購入いただきました」



d0237121_13474317.jpg


農「あ! 大垣養老高校や!」

耕作「ここからが農業高校ブースだね。いま話題の漫画『聲の形』の舞台でもある大垣市。その大垣にある大垣養老高校さんは、新鮮な農作物を販売してくれました!」

林檎「あと、芝生広場で『ふれあい動物広場』もやってくれてるの」

耕作「うん。それも後で見に行こうね」



d0237121_1348193.jpg


農「次は岐阜農林やら!」

耕作「よく『のうりん』の舞台と勘違いされる岐阜農林ですが、全国でも有数の販売実績を誇る農業高校で、スーパーサイエンスハイスクールにも指定されてる超優秀な学校です!」

林檎「アイスクリームにわたしたちの顔が入ってる」

農「ほんとや! あたしはキウイ味!」

耕作「乳牛の飼育もしている岐阜農林さんは、県内の農作物と学校の牛乳を使ったアイスの開発をしてて、今回はそれにオリジナルパッケージをつけて販売してくださいました!」


d0237121_1348507.jpg

ふとましい林檎ちゃんのパッケージ



d0237121_13485724.jpg

ほんのり緑色です



d0237121_1353631.jpg

イラストは先生が描いてくれたそうです。上手い!?



林檎「・・・メロンの味がする!」

農「爽やかな甘さやね~」

耕作「ちなみにこの『真桑瓜味』ですが、普通に加工すると酵素の働きによって苦みが出てしまうため、それを回避する工夫がしてあるそうです」

農「スーパーサイエンス農業高校に不可能はあらへんやら!」

林檎「どれも美味しくて大人気だったの」




d0237121_13495623.jpg


農「最後は加茂農林高校やら!」

耕作「さすがに取材慣れしてるね。余裕のピースサインです」

林檎「マネーさんと同じ学科の生徒さんたちが、バイオさんと同じ学科の生徒さんたちが作ったパウンドケーキとかを売ってくれたのよね」

耕作「勢い余って隣の美濃加茂市ブースでも大活躍!」



d0237121_13501194.jpg



耕作「農業高校のブースはどこも大盛況で、あっというまに完売になってしまいました」

農「企画しやーたFC岐阜の広報の人もびっくりしとりゃーたねぇ」

林檎「『のうりん』抜きでも、どんどんコラボして欲しいの」





d0237121_13503236.jpg


農「牛ぃぃぃぃいいい!!!」

林檎「はるみ号きよら号ね」

耕作「芝生広場に『碁盤乗り』を披露する畜産調教部が到着! いやー、お客さんたちもビックリしてました」

林檎「でも碁盤乗りは別の場所でやるのよね?」

耕作「うん。最初は芝の上でやろうとしたんだけど、芝の上って牛にとってはカレーの上にいるみたいな感じらしくてね」

農「あしもと全部大好物やもんね。ほら落ち着かんわ」



d0237121_13505530.jpg


耕作「この日の試合で担架を運ぶことになってる加茂農林高校サッカー部の皆さんです!」

農「大役やねぇ!」

林檎「同じく芝生広場では大垣養老高校さんの『ふれあい動物広場』も開催されてて、わんちゃんやウサちゃん、果ては熱帯魚まで来てくれました」


d0237121_13511811.jpg



農「どうぶつはやっぱり子供に大人気やら!」

耕作「岐阜農林にはトリマーを養成する学科もあるそうだし、木曽馬(ポニー)もいるから、今後もこういう企画ができるかもしれないね」

林檎「そして、ついに・・・」



d0237121_13513268.jpg


林檎「碁盤乗りが始まるの・・・!」

耕作「いやー、もうビックリな光景だね」

農「スタジアムに出現した本物の飛騨牛に、お客さんも大興奮やら!」


d0237121_13515291.jpg

凄まじい数のお客さんに、牛も緊張気味!



d0237121_13521881.jpg

しかし見事に成功!!



耕作「この日はさすがに牛も緊張したみたいで、特にきよら号は落ち着きがなくてヒヤヒヤしたけど・・・」

林檎「そんなコンディションの中で、見事にダブル碁盤乗りを成功させたの!」

農「緊張の余りきよら号が脱糞してまったけど、うんこがかかっても生徒さんは少しも動揺せずに『牛を飼ってるから慣れてます!』って笑顔で碁盤乗りを

耕作「農業高校生の鑑だよね。本当に誇らしい瞬間でした!」



d0237121_1352414.jpg



d0237121_13552527.jpg



農「この快挙を讃えるために、岐阜農林のゆるキャラ『もーりん』も駆けつけてくれましたー!」

林檎「もーりん!?」

耕作「岐農乳アイスを広めるために農業高校生が自分たちで作ったゆるキャラだよ。ゆるきゃらグランプリにも登録してるんだ」

林檎「グランプリにも!?」


ゆるキャラグランプリ2014『もーりん』


耕作「他の農業高校でも自分たちの活動をアピールするためにゆるキャラを作る例があるんだよね。販売面で工夫するのも農業高校の活動です」


d0237121_13555353.jpg

子供たちに大人気のもーりん!!




農「コーたん! そろそろ試合の時間やよ!?」

耕作「おっと! じゃあスタジアムに行こう!」



d0237121_1355259.jpg



d0237121_13562138.jpg



耕作「ここが試合会場! もう両チームの選手たちがアップを始めています」

農「今日の相手は『東京ヴェルディ』! 都会のチームには負けたらあかんよ!」

林檎「わたしはちょっと複雑・・・でも今日は岐阜を応援するわ」

耕作「そして本日は試合進行のアナウンスをスペシャルゲストがしてくれます」



d0237121_13563357.jpg


耕作「プチスタジアムDJの中沢農さんでーす!」

林檎「!?」

農「あれ!? あたしやん!? あたしやら、あれ!?」

耕作「いやー、FC岐阜さんからのたってのお願いで、農が今日のスタジアムDJを務めさせていただくことになりました。お忙しい中FC岐阜のためにお引き受けくださった農役の花澤香菜さん、ありがとうございました!!」

林檎「この試合のためだけに、わざわざ収録してくれたの?」

耕作「そうです! これにはスタジアムに来てくれたのうりんファンのみならず、サッカーファンの皆さんも大興奮でした!」

農「はー・・・あたしがこんな大きなスクリーンに映っとるわぁ・・・ラモスと同じスクリーンに映っとる・・・」

耕作「そしてさらに! FC岐阜のサポーター席には・・・」


d0237121_1357371.jpg



耕作「じゃじゃ~ん! ファンの方が作ってくださった痛フラッグが!!」

林檎「すっごい!!」

農「わざわざ作ってくれやーたの!?」

耕作「このフラッグを作ってくださった方は美濃加茂市で行われた先行上映会にもお越しくださった方で、以前から熱心にのうりんを応援してくださっていたFC岐阜サポーターの方なんだよ!」

林檎「サポーターの皆さんでフラッグを掲げてくれてるのね」

d0237121_13571880.jpg



d0237121_13572854.jpg



農「この日のために、こんなにいっぱぁ作ってくれやーすなんて・・・」

耕作「フラッグだけじゃなくて、今日は農業高校が来るってことで作業着で応援してくれる人もいたよ!」

d0237121_13574236.jpg



d0237121_13575111.jpg

岐阜が誇るゲーム会社『日本一ソフトウェア』のプリニーも!



耕作「さあ! ついに試合が始まります!」

林檎「選手入場シーンでもみのぽよ・・・!?」


d0237121_1404253.jpg

美濃加茂市出身の益山選手!



d0237121_1405391.jpg

ラモス監督!



d0237121_13583798.jpg

プチスタジアムDJ中沢農!!


農「あたし! あれあたし!!」

耕作「それから献血の宣伝もしてもらえたね。この日はスタジアムに献血車が来てくれてて、そこで『のうりん献血コラボポスター』の先行配布がありました」


d0237121_1401154.jpg


d0237121_1402268.jpg



林檎「第二弾は、第一弾と同じ岐阜県内の献血会場でもう行われてるから、ぜひ皆さんご協力をお願いします」

農「さーあ、遂に試合が始まるやら!!」



d0237121_1414541.jpg


農「と思ったら、いきなりゴール!?」

耕作「いやちょっと待って!」

林檎「いまVTRが出るけど・・・」


d0237121_14153100.jpg



耕作「惜しい! わずかに外れてました!」

林檎「みのぽよ、フライング・・・」

農「ぎゃああああ!! は、はずかしいいいいいいいい!!」

耕作「ドンマイドンマイ! チャンスはまだ続くよ!」



d0237121_14241.jpg




林檎「コーナーキックだとこの画像が出ました」

耕作「いきなり出るから撮影が難しかったんだよね・・・」

農「このチャンス、生かさなかんやら!」



d0237121_1421324.jpg



d0237121_1422468.jpg



農「よっしゃあああああ!!」

耕作「前半19分、FC岐阜の太田選手が先制ゴールを決めました!」

林檎「さらに前半60分で高地選手が追加点を決めて、いっきに2点差・・・!」


d0237121_1423640.jpg




耕作「ここで作者はハーフタイムのイベントに呼ばれてピッチに向かいます」

林檎「なにをするの?」

耕作「何かね、観客席にボールを投げて、それを受け取ったお客さんがプレゼントをもらえるイベントがあって、そのボールを投げに行きました」

農「ほんなの素人がやってええの!?」


d0237121_1462124.jpg

本部席から試合を見守る済美高校の皆さん。ハーフタイムで踊ります



d0237121_1424952.jpg

すごくいい席で試合を見守る加茂農林のサッカー部



d0237121_14245287.jpg

ハーフタイムに入って戻ってきました




d0237121_14252013.jpg

やたらいい動きのミナモ




d0237121_14254985.jpg

スタジアムの中から観客席を見るとこんな感じ!





耕作「作者がボールを投げるとき、講演会を聞きに来てくれたお客さんたちが声をかけてくれて嬉しかったそうです」

林檎「プレゼント、何が当たるの?」

耕作「作者が投げたボールは、のうりんグッズだったそうです」

農「当たった方、おめでとうございます!!」

耕作「さあハーフタイムも終わって後半戦だけど・・・FC岐阜、さらにここで追加点を決めました!」



d0237121_14263120.jpg

ナザリトが決めてくれました!



d0237121_14264476.jpg

この日のお客さんは7000人以上!



d0237121_14273065.jpg

サポーターに混じって応援してきました。応援にも熱が入ります!




耕作「そしてそのまま完封勝利! もうスタジアムは大盛り上がりです!!」

林檎「かった・・・!」

農「大勝利やら!!」



d0237121_14281433.jpg




d0237121_14282311.jpg




耕作「農が最後までスタジアムDJの役割を果たしてくれました。よくやった!」

農「えへへー」

林檎「コラボグッズも完売したの」


d0237121_14284493.jpg



耕作「そんなわけで大成功だったFC岐阜×のうりんコラボ。またいつかスタジアムに呼んでもらえるように、これからも頑張らないとね!」

農「またあたしがスタジアムDJやら!」

d0237121_14285449.jpg





耕作「さて、お次は9月7日にさいたま市文化センターで行われた『のうりん大収穫祭』のレポートですが・・・」

林檎「写真がまったくないの」

農「まあねぇ。ああいうイベントやと写真は撮れんでね」

耕作「クイズあり、吹き矢あり、朗読劇ありのたのしいステージでしたが、何と言っても盛り上がったのは田村ゆかりさんと花澤香菜さんのライブでした!」

農「王国民の皆さんが凄すぎやら!!」

林檎「どうかしてる」(ステージ中の田村さんの発言より抜粋)

耕作「イラストの切符先生や漫画版の亜桜まる先生、松浦はこ先生、アニメのキャラクターデザインの小野田さんといった関係者の方々も、ファンの皆さんと一緒に限定グッズのペンライトを振りまくってました!」

農「あと、岐阜県からも結構な数のお客さんが来てくれやーとったよね?」

耕作「作者がすごくお世話になった加茂農林の卒業生の方が、当時の制服を着て参加してくれたりね」

林檎「わたしやベッキー先生のコスプレの人もいたの」

耕作「放送後、半年近くが経過しても、こうやってイベントに足を運んでくださるファンの皆さんがいてくれて本当に嬉しいです」

農「これからも『のうりん』をよろしくお願いしまっす!!」



イベントにお越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。

9月からは美濃加茂市にて『のうりんスタンプラリー』が

岐阜市と多治見市の献血センターで献血コラボ第2弾が始まります。そちらもよろしくお願いします。

次回更新は10月10日を予定しています。

[PR]
by thurinus | 2014-09-10 20:00 | SS


若旦那の中に(袋の中が作者)

以前の記事

2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
more...

なかのひと

白鳥士郎


ご意見・ご感想・農業や将棋ネタ等ございましたらお気軽に

nankagun@gmail.com

ライフログ


のうりん 13 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと!(3) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん Blu-ray BOX


りゅうおうのおしごと!(1) (ヤングガンガンコミックス)


りゅうおうのおしごと! (GA文庫)


のうりん(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん プチ(2) (ビッグガンガンコミックス)


のうりん-野生-2


TVアニメ のうりん 公式ファンブック


【Amazon.co.jp限定】切符イラストレーションズ B4ポスター付き


のうりん 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

検索

ブログパーツ

最新の記事

第81回 りゅうおうのおしご..
at 2017-02-10 20:00
第80回 このライトノベルが..
at 2016-12-02 19:30
第79回 のうりん13特典情報
at 2016-10-10 20:00
第78回 りゅうおうのおしご..
at 2016-09-10 20:00
第77回 アニ×サカ!!水戸の陣
at 2016-07-20 19:00

記事ランキング