<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第46回 岐阜県方言論序説

農「やらー!」

商「もなー!」

士「おーしオマイら! 今日はオリら中沢四姉妹で、岐阜の方言について議論すっぞ!」

工「たく、ひょうじゅんごやもな」

農「あはは。タク~、あんたどえらー訛っとるよ? あたしの言葉が標準語やら!」

士「両方とも訛っとるぞ」

農&工「!?」

士「まぁ、まずはこの図を見ろ」


d0237121_7425652.jpg



士「岐阜県は大まかにわけて美濃と飛騨にわかれる。この二つは文化的にも地理的にも大きく分断されとるが……実は美濃地方も、けっこう大きく別れるんじゃ」

農「西濃と東濃?」

士「ほーじゃ。ほんでこの二つは言語的に大きく違う。西濃は『近江語圏』東濃は『三河語圏』じゃ」

工「おうみ?」

商「みかわー?」

士「近江は滋賀県。まあ関西弁じゃ。三河は愛知県。乱暴に括れば名古屋っぽい言葉や」

農「西と東が県内で併存しとるんやねー」

士「方言の専門書を読んでも、『岐阜の言葉は、関西の人間からは関東の言葉と、関東の言葉からは関西の言葉と思われてしまう』と書いたる。日本の真ん中やからこそ『どっちつかず』な言葉が生まれたってことやな」

農「あたしが『やら』って語尾につけとると、岐阜県の人からも『こんなの岐阜弁じゃねー!』って言われるのは、このせいやったんやね!?」

士「オマイが使っとるのはバリバリの東濃弁、しかも多治見あたりの言葉で、とくに三河語の影響が強い。西濃の人間からは同じ言葉とは思われんのやろな」

農「なんであたしは多治見の言葉を使っとるの?」

士「作者が多治見の言葉しかわからんからじゃ」

農「・・・」

士「まぁ、理由がないわけでもない」

農「?」

士「方言の伝播は、基本的に人間の移動と共に行われる。美濃加茂は電車で多治見と繋がっとるし、最近は道路も整備されて、作品の舞台の加茂農林は多治見から一番近い農業高校になったと言っても過言やない」

農「確かに多治見から来とりゃーす子はいっぱいおるねー」

士「作者が4年近く学校に通った結果、校内で使われとる方言は多治見の言葉と大差ないと感じた。東濃弁が公用語に近いもんで、オマイはほれに染まったんじゃ」

農「ほんでも各務原とかから来とりゃーす子もおるよ?」

士「ほーゆー子らも、学校で東濃の言葉がうつってまうで、家に帰ると『変な言葉をしゃべっとる!』と、からかわれるそうじゃ」

農「変な言葉?」

士「まー、最もわかりやすく現れるのは語尾じゃろな。東濃弁は『やら』で、西濃弁は『やろ』になる。ザックリ言うと」

工「たくは、『もな』っていうもな?」

商「あきもー! あきももなっていうもな!」

士「ほれは・・・ま、おいおい教えたるでな」

農「西濃弁と東濃弁の違いをわかりやすく感じてもらうには、どーしたらええんやろーね?」

士「西濃弁を使って書かれた有名な本は『桐島、部活やめるってよ』がある。作者の朝井リョウ先生(直木賞作家!)は大垣の方やそーじゃ」

農「東濃弁は?」

士「『のうりん』」

農「・・・」

士「さて、美濃地方には西濃と東濃の中間点である『中濃』というカテゴリーもある」

農「中●新聞やと『中濃版』もあるもんねー」

士「美濃加茂市はこの中濃のまさに基幹都市や。美濃太田駅は東濃に繋がる『太多線』と、西濃・飛騨を繋げる『高山線』が交差するポイントになる。西・東・そして北の言葉がぶつかり合うのがMINOKAMOなんじゃ!」

農「ほ、ほれは! ・・・・・・・・・どーゆーことになるの?」

士「中濃の言葉は村ごとに違う」

農「・・・」

士「これはほんまに物の本に書いたることで、採取してある単語を見ても確かにだいぶ違った。隣の村でも違う。おそらく三つの地方の綱引きによるもんやないかと思うが」

農「複雑なんやねぇ・・・」

士「『輪中根性』なんつー言葉もあるが、もともと山や川で分断されがちな岐阜は地域ごとの独立性が強いでな。どうしても微妙な違いが出るんやろ」

工「ねえま」

士「なんじゃ?」

工「たくのすんどるむらは、とうのう? せいのう?」

商「ほれとも、ちゅーのー?」

農「あ、ほれあたしも気になる!」

士「ええ質問やな。オリらの住む愛生村は・・・」

農「愛生村は?」

士「『奥美濃』じゃ!!」

農&工&商「!?」



 続きます。

 次回更新は3月17日を予定しています。

[PR]
by thurinus | 2014-02-24 21:00 | SS

第45回 美濃加茂市ってどんなとこ?


40「突然だけど、美濃加茂市ってどんなところか知ってる~?」

林檎「えっと・・・『のうりん』の舞台になってる「美濃田茂市」のモデルの街なのよね?」

40「そう! じゃあ岐阜県のどこにあるか、木下さんわかるかな~?」


d0237121_22503636.jpg



林檎「・・・・・・わかんない」

40「ヘッ。これだから若い女は使えねーっつーか」

林檎「・・・・・・(うざ)」

40「正解は、コ・チ・ラ☆」


d0237121_22535345.jpg



林檎「けっこう南のほうなのね?」

40「そうだね~」

林檎「で? どんなところなの?」

40「じゃあ今回は、美濃加茂市のことをちょっとだけ紹介しちゃうゾ♪」



d0237121_22541094.jpg



40「まずはココ! 美濃太田駅!!」

林檎「えき?」

40「綺麗になったよね~。先生が子供の頃はこんな立派な駅舎もなくて・・・」

林檎「(昔話が始まった・・・)」

40「ここでのポイントはコレ!『坪内逍遙先生の胸像』だよ~!」



d0237121_22542575.jpg



林檎「・・・だれ?」

40「坪内逍遙だよ~! 知らないの~? はぁ~・・・これだから若い女は・・・」

林檎「・・・だれ?」

40「『小説神髄』を書いたり、シェイクスピア全集の翻訳をしたりした、明治の偉い先生だよ~!」

林檎「その人の像が、どうして美濃加茂の駅にあるの?」

40「それはね!? この坪内逍遙先生が、なんと! 美濃加茂出身の偉人だからなんだよ~!!」

林檎「そうなんだ?」

40「そうなの! あと有名なところだと津田左右吉先生とか~」

林檎「(ぜんぜんわからない・・・)」

40「最近有名な人だと、脚本家の北川悦吏子先生とか~」

林檎「だれ?」

40「ロンバケよロンバケ! キムタクが出てた! 知らないの~!?」

林檎「ロンバケ? ロング・・・ババア?」

40「ロングバケーション! はぁ~・・・これだから最近の若い女は・・・」

林檎「ところでロングババア」

40「誰がババアじゃい!!」

林檎「ここ、どうして『美濃加茂駅』じゃなくて『美濃太田駅』なの?」

40「あ! いいところに気がついたね~? そ・れ・は、ここに示されています!」



d0237121_22545249.jpg




林檎「なに? 門?」

40「これは『太田宿(おおたじゅく)』の本陣があった場所だね~。駅からちょっと南に行った、古い町並みが残る区画にあるんだよ~」

林檎「太田・・・だから美濃太田?」

40「そう! ここ美濃加茂には、中山道っていう昔の幹線道路のサービスエリアみたいな場所があったんだね~。駅がある場所は、できた当時は『加茂郡太田町』っていって、だから今でも駅の名前は『美濃太田』になってるんだよ~」

林檎「複雑なのね・・・」

40「歴史がある街だからこそ、って感じだよね~。せっかくだからもうちょっと美濃加茂の歴史を体験してみよ~!」


d0237121_22551964.jpg



d0237121_22553538.jpg



d0237121_22554988.jpg



d0237121_2256498.jpg



40「古い町並みが保存してある場所だよ~。無料開放されてるお家もあって、どんな暮らしをしていたか知ることができるんだね~」


d0237121_22561734.jpg



40「ここは『御代桜』っていう地元の酒蔵さん! 地元のお米で作ったお酒も販売してるんだよ~」


d0237121_22563068.jpg



40「すぐ南には木曽川が流れてるよ~。昔は橋が架かってなかったから、船で渡ったんだね~。『木曽川の渡し』っていって、難所として有名だったんだよ~」

林檎「先生、このへんでスクワットしてなかった?」

40「何の話かな~?」


d0237121_22584640.jpg



d0237121_22585594.jpg



d0237121_2259712.jpg



d0237121_22591837.jpg



40「ここは『中山道会館』! 中山道の歴史が展示してあると同時に、無料レンタルサイクルも置いてあったりお野菜や卵も売ってたりと、なかなかナイスな場所なんだよ~」

林檎「奥美濃古地鶏の卵も売ってるんだ・・・」

40「じゃあ自転車に乗って次の目的地に出発~!」



d0237121_2302771.jpg



林檎「はぁ・・・はぁ・・・・・・坂・・・きつい・・・」

40「もうバテたの~? これだから最近の若い女は・・・」

林檎「そっちの自転車だけ・・・電動だし・・・!」

40「ほらほら、もうちょっとだよ~?」


d0237121_231127.jpg



林檎「え!? これ・・・天狗?」

40「そう! ここが有名な『古井の天狗山』だよ~!!」

林檎「(有名?)」

40「美濃加茂最大のパワースポット! 戦国時代に砦があったこの山には、なんと3400体以上もの天狗の像やお面が納められているんだよ~!」

林檎「3400!?」

40「だからこんな状態になってるんだね~」


d0237121_2311593.jpg



d0237121_232447.jpg



40「視界の至る所に天狗さまが! 何体いるか、わかるかな~?」

林檎「(ウ●ーリーを探せ、みたいになってきた・・・)」



d0237121_2322019.jpg

下駄を履いて天狗体験!


d0237121_2323051.jpg

天狗グッズも充実!




林檎「あんがい面白かった・・・」

40「ふっふっふ。天狗山はまだまだこんなもんじゃないよ~? まだ最大の天狗サマが残ってるんだから~」

林檎「?」

40「あ・れ・よ!!」


d0237121_2324441.jpg



d0237121_2325542.jpg



林檎「でかッ!?」

40「これぞ天狗山最大の天狗像! 全長12メートル超の、日本一の天狗サマなのよ!!」

林檎「日本一の・・・天狗・・・」

40「これを見るためだけにも美濃加茂に来る価値があるかもね~? じゃ、次の場所へゴー!!」




d0237121_2331840.jpg



40「自転車を返却して駅に戻り、今度はバスに乗って移動です~」

林檎「先生、車持ってないの?」

40「持ってるけど、先生の車に初めて乗るのは未来の旦那さまって決めてるから~」

林檎「(一生他人乗れなさそう・・・)」

40「ここは『文化の森』。体験ミュージアムとか文化施設のある場所で、あんまり観光って感じじゃないんだけど、美濃加茂の農業を知ることができる隠れスポットなんだよ~」

林檎「この家は?」

40「これは『繭の家』だよ~。美濃加茂のあたりではかつて養蚕、つまり蚕を飼って絹を作る産業が盛んだったんだね~。そのときの農家を移築して保存してあるんだよ~」

林檎「むかしの農家さん?」

40「農具なんかも保存してあるよ~」


d0237121_233375.jpg

かいこちゃん


d0237121_2334785.jpg

かの有名な「千歯こき」


d0237121_2341451.jpg

「とうみ」。籾殻や藁屑を吹き落とす装置


d0237121_2343172.jpg

実際に使える「かまど」。これで炊いたお米を食べたことがあります



林檎「勉強になった」

40「じゃ、次いってみよ~!!」



d0237121_235124.jpg



40「じゃじゃ~ん! ここは『日本昭和村』! 美濃加茂市が誇る、昭和時代を思い出させるテーマパークなんだよ~」

林檎「ここ、前にも紹介しなかった?」

40「そうだね~。『みのかも市民まつり』の会場になってるから、そのときこのブログでも紹介したかな~? でも、イベントがなくても楽しめる場所なんだよ~?」


みのかも市民まつりの様子


林檎「どんな場所なの?」

40「美濃加茂市のキャッチフレーズは『江戸と昭和が出会う街』! 町並み保存区で江戸に、そしてこの昭和村で昭和に出会うことができるんだよ~!!」

林檎「・・・どんな場所なの?」

40「いや~・・・実はね? 作者が取材に来た日が休園日で、内部をご紹介する適当な写真がなくてぇ~・・・」



d0237121_2355599.jpg

水曜定休です!



林檎「・・・おい」

40「で、でもでも~! 中に入れなくてもじゅうぶんに楽しめる場所なんだよ~!?」

林檎「はぁ? 中に入らずにどうやって楽しむの?」

40「実はここ、昭和村以外にも、地元の新鮮な農作物が集まる『青空市場』や、岐阜県内の加工品が集まる『道の駅』、そして入浴施設『昭和銭湯 里山の湯』もある、要するに農業直売所みたいな場所にもなってるんだね~」


d0237121_2363126.jpg



d0237121_2365094.jpg



d0237121_237185.jpg



林檎「へぇ・・・」

40「道の駅には、ほら! 加茂農林高校で作った加工品も置いてあるんだよ~」

林檎「あ、これB組で作ってるジャム?」

40「人気商品だから売り切れゴ・メ・ン☆」


d0237121_2361697.jpg



40「しかも! 休日には『軽トラ市』も開催されることがあって、そこにも加茂農林の生徒たちが実習として参加したりするんだよ~」

林檎「マネーさんがいる流通科学科ね。休日におつかれさま」


d0237121_237208.jpg

「グリーンショップかものう」の出張販売!



40「どうだった木下さん? 美濃加茂市も楽しいところがいっぱいあるでしょ~?」

林檎「うん、けっこう楽しめた。他にはないの?」

40「今回ご紹介した場所は、オールシーズン楽しめる鉄板スポットだね~。他にも梨やブドウのシーズンだと梨狩りやブドウ狩りも楽しめたりするから、

林檎「でも、どうやって行けばいいのかわからない・・・バスとか、どこからどれに乗ったらいいの・・・?」

40「駅の南口1階には『観光案内所』があるから、そこで聞いてみるといいよ~」

林檎「それなら安心」

40「開館時間は9~15時で、火・水曜日は休館だから気をつけてね! あ、そうそう。ここには『のうりん交流ノート』も設置されてるから、美濃加茂へお越しの際は、ぜひ書き込んでいってね~☆」

林檎「みなさまのお越しをおまちしておりますー( ^o^)ノ」



d0237121_23836.jpg





次回更新は2月24日を予定しております。

[PR]
by thurinus | 2014-02-03 21:00 | SS


若旦那の中に(袋の中が作者)

以前の記事

2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
more...

なかのひと

白鳥士郎


ご意見・ご感想・農業や将棋ネタ等ございましたらお気軽に

nankagun@gmail.com

ライフログ


のうりん 13 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)


りゅうおうのおしごと!(3) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん Blu-ray BOX


りゅうおうのおしごと!(1) (ヤングガンガンコミックス)


りゅうおうのおしごと! (GA文庫)


のうりん(8)(完) (ヤングガンガンコミックス)


のうりん プチ(2) (ビッグガンガンコミックス)


のうりん-野生-2


TVアニメ のうりん 公式ファンブック


【Amazon.co.jp限定】切符イラストレーションズ B4ポスター付き


のうりん 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

検索

ブログパーツ

最新の記事

第81回 りゅうおうのおしご..
at 2017-02-10 20:00
第80回 このライトノベルが..
at 2016-12-02 19:30
第79回 のうりん13特典情報
at 2016-10-10 20:00
第78回 りゅうおうのおしご..
at 2016-09-10 20:00
第77回 アニ×サカ!!水戸の陣
at 2016-07-20 19:00

記事ランキング